レズビアンなど、マイノリティの性愛を女性目線で描き、文学界に一石を投じてきた松浦理英子氏が5年ぶりの新作『奇貨』を発表しました。本作では、毒舌が炸裂するガールズトークの妙味を、盗み聞きする中年男性の目線で描いています。盗聴男なんて最低だ、と一蹴するなかれ。著者の描写にかかれば、不思議と、盗聴男の弱さや情けなさも、いとおしく感じる自分を発見してしまうことでしょう。

 語り手である主人公、本田は45歳の売れない作家。彼は幼少のころから、男子のマッチョな世界になじめず、「性の喜びは風俗嬢に、交友の楽しみは女友達に満たしてもらう日々だった」と自認してはばからないタイプです。

 本田は、3年前から七島美野とルームシェアをしています。七島がレズビアンであることと、本田が普通の女性に対して勃ちにくい体質であることで、恋愛感情やセックス抜きの友情が成立しています。本田は、七島が吐き出す元恋人への未練、悪態を共有することで、親密さをますます深めていると感じ、幸福感をかみしめる日々を送っていました。

 ところが、ある日、七島に新しい友人ができたことで、その均衡が崩れていきます。自分以上に話の合う友人ができたらしいと悟った本田は嫉妬にのたうちまわります。自分ではない、ほかの誰かと、自室にこもり電話で楽しそうに話している七島。一体、何を話しているのか、居ても立ってもいられなくなった本田は、七島の部屋に盗聴器をしかけるという、人間として一線を越えた行為を犯してしまいます。ついに、七島に盗聴がばれてしまい......。

 著者は、未練や嫉妬、卑下など、ネガティブな感情の中に、ビビッドな生の証を鮮やかに描き出します。例えば、気心の知れた友人を相手に、元恋人の悪口を言っているときの頬が上気するほどの高揚感。親友に自分以外の新しい友だちができたことで生じた、自分だけ取り残されたような、いじいじとした気持ち。盗み見、盗み聞きをせずにはいられないネガティブな原動力など。

 人間の負の感情にみる、弱さとおかしみ。寡作の作家を堪能できる一作です。



『奇貨』
 著者:松浦 理英子
 出版社:新潮社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
本多孝好氏が「違い」を求めた意欲作『ストレイヤーズ・クロニクル』が続編
横山秀夫が7年ぶり新作、組織に立ち向かう警察官の勇気を描く
「子犬系女子」がこれから来る? きゃりーが表紙の『原宿女子』発売


■配信元
WEB本の雑誌