Twitter、Facebook、ブログ。誰もが情報を発信でき、誰もが編集者になれてしまう時代です。

 数あるウェブサービスの中でも、誰でも気軽に簡単に、情報を編集できることで知られる「NAVERまとめ」。最近では芸能ニュースやカルチャーのみならず、観光ガイドから世間を賑わせている事件への問題提起など、ネット上のありとあらゆる情報を発信するプラットフォームとして認知されるようになりました。

 そんな「NAVERまとめ」が、「プロフェッショナルを唸らせろ NAVERまとめ編集コンペ」を開催しています。これは、あらかじめ発表されているお題にあわせた「まとめ」の編集力を、第一線にいる編集者たちが審査するというもの。審査員陣も、編集者の菅付雅信さん、Vogue girl クリエイティブディレクター・軍地彩弓さん、メディアプラットフォーム「cakes」を運営する加藤貞顕さんと大変豪華な顔ぶれです。

 お題は、「とっておきのおもてなしプラン」「ふたりで見る映画」「大人の入門書」の3部門。どれも一見イメージがしやすそうに見えて、いざ考えだすと情報の集め方、選び方、並べ方を悩ませるお題となっています。

 賞金はそれぞれ、最優秀賞30万円、優秀賞3名10万円、奨励賞10名3万円となっています。年齢やキャリアを問わない、誰でも参加可能なコンペであるからこそ、テーマ設定の良し悪し、情報の取捨選択の妙や演出力などといった、本質的な「編集力」が問われそうです。


【関連リンク】
プロフェッショナルを唸らせろ NAVERまとめ編集コンペ
http://matome.naver.jp/competition/2012/



『奇貨』
 著者:松浦 理英子
 出版社:新潮社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
「日中韓の関係」は、なぜここまで複雑なのか
森鴎外生誕150周年、彼が暮らしていた風景を読み解く名著が復刊
トム・ソーヤーが元祖? 「てへぺろ系リーダー」の魅力


■配信元
WEB本の雑誌