ユニセフのチャリティドール シャネルやルイ・ヴィトン、プラダなど43ブランド参加

写真拡大

 ユニセフが、10年目の開催を迎えるデザイナー」の新作ドールを発表した。「Les Frimousses de Createurs」は世界で活躍するプレタポルテのデザイナーが一点物のドールを制作し、収益を子供たちの予防接種のために寄付するプロジェクト。今回は「CHANEL(シャネル)」や「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」、「PRADA(プラダ)」、「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」など計43ブランドが参加している。

ユニセフの豪華チャリティドールの画像を拡大

 今回が10度目の「Les Frimousses de Createurs」は、初登場の「MISSONI(ミッソーニ)」をはじめ、「Chloé(クロエ)」や「LOEWE(ロエベ)」、「PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)」といった多彩なブランドがラインナップ。プロジェクトの公式サイトでは、各ブランドの世界観を表現したドールを一覧で公開し、制作時期やデザインのポイントを紹介。全てのドールは11月27日から12月2日までパリの美術館「Petit Palais(プティパレ)」で展示され、12月3日にチャリティオークションに出品される。

 「Les Frimousses de Createurs」で、過去10年間の参加デザイナーの数は250人以上、制作されたドールの数は771にのぼる。集まった資金はユニセフを通じて、スーダンの子供たちのワクチンのために使用されている。

■Les Frimousses de Createurs
 http://www.frimoussesdecreateurs.fr/