TV録画率ランキング! ドラマ1位は島根県、アニメ1位は岐阜県、韓流は?

写真拡大

スカパーJSATは9月20日〜25日にかけて、家庭でのテレビ録画機器の利用実態を探る「現代テレビ考2012 テレビと録画編」調査を実施。

全国の家族と同居している20歳以上の男女3,278名を対象に行った。

はじめに、録画本数について調査したところ、「10本〜19本」と回答した割合が20.5%でトップ。

2位は「20本〜29本(15.1%)」だった。

一方、100本以上と多くの本数を録画していると回答した人も12.8%いた。

次に、家庭での録画率が高かったジャンルについて調査したところ、1位は「映画(洋画)」、「国内ドラマ(連続ドラマ)」(各66.7%)。

3位は「映画(邦画)」(63.8%)、4位は「バラエティー」(57.6%)という順になった。

韓流ドラマは録画率22.2%と少ないが、録画本数は平均16.1本/月と全ジャンル中1位だった。

また、都道府県別にジャンル別の録画率を見ると、国内ドラマ録画率1位は「島根県(81.8%)」。

映画は「三重県(88.2%)」、アニメは「岐阜県(64.7%)」、バラエティーは「滋賀県(77.8%)」、韓流ドラマは「高知県(42.6%)」が1位となった。



続いて「録画番組をいつ見るか」を質問したところ、映画を除いた各ジャンルで「1週間以内」が50〜60%だった。

「1日以内」はアニメで25.1%、韓流ドラマで28.3%と高く、アニメ・韓流ドラマはとったらすぐに見たいと考える人が多いようだ。

一方、映画は「1カ月以内に見る」が約33%で、いつか見たい時のために保存をしていると考えられる。