25週年”ファイナルファンタジー”トリビュートALに手嶌葵&DE DE MOUSEが参加

写真拡大

12月5日にリリースされるトリビュート・アルバム『FINAL FANTASY TRIBUTE〜Thanks〜』へ新たに手嶌葵とDE DE MOUSEの2人が参加することが発表された。

本作は、今年9月に渋谷ヒカリエで開催された『ファイナルファンタジー』シリーズの生誕25周年イベント『FINAL FANTASY展』にて発表された、FFシリーズ初のトリビュート・アルバム。

同イベントでは、東京スカパラダイスオーケストラが第1弾アーティストとして発表されるとともに、『FF』シリーズのオープニング曲「メインテーマ」や「チョコボのテーマ」「勝利」といったスカパラ流のアレンジでシークレット・ライブが行われ大きな話題となった。

すでに、→Pia-no-jaC←、DAISHI DANCE、栗コーダーカルテット、Serph、グッドラックヘイワ、mudy on the 昨晩といったジャンルにとらわれない多彩なアーティストが名を連ねている本作だが、これまで空白だった最後のアーティストは、手嶌葵&DE DE MOUSEに決定。

手嶌は、ジブリ映画の『ゲド戦記』(2006年作)や『コクリコ坂から』(2011年作)の主題歌、菅野よう子とのコラボレーション曲などで知られ、DE DE MOUSEは木村カエラやフルカワミキといったアーティストのリミックスから、作曲、アレンジ、プログラミング、ミックスなど全てひとりでこなすトラックメイカーであり、国内外のフェスへ多数出演し、活躍している。

ちなみにDE DE MOUSEが2010年にリリースした3rdアルバム『A journey to freedom』では、CDジャケット、PVのイラストは『ファイナルファンタジーXII』、『ファイナルファンタジータクティクス』、『伝説のオウガバトル』などのゲームを手がけてきた吉田明彦がデザインしており、『FF』シリーズとの繋がりも深い。

そして本作のCDジャケットは、『FF』シリーズ創世記を手がけてきた「ドット絵の匠」こと渋谷員子が担当。



『FFI』〜『FFVI』までのキャラクターやモンスター、背景など多岐にわたるドット絵やデザインを担当し、とりわけキャラクターはユーザー間で「チビキャラ」と呼ばれる数多くの魅力的なグラフィックを描いた彼女が、「チビキャラ」ではなくなった『FFIIV』以降のキャラクターのドット絵にも挑戦。

『FF』シリーズ25周年を飾るに相応しいプレミアムなジャケットを完成させた。

公開されたデザインを見ると、クラウドやセフィロス、スコール、さらには敵キャラクターのギルガメッシュといったキャラクターも確認できる。

なお、本作の初回購入特典としては、TOWER RECORDまたはヴィレッジ・ヴァンガードで購入すると先着でボーナスディスク「RARE SQ」(9曲収録予定)が、HMVで購入すると先着でドット絵仕様のステッカーシートがプレゼントされる。