黒のタイトドレスが似合う、セレブたち 写真:Splash/アフロ

写真拡大

<Fabloid>が厳選した、セレブの最新ファッションをお届け!


ハル・ベリー
薄手の生地を使ったドレスに関しては、評判の良いハル・ベリー。中でもアカデミー賞で披露したエリー・サーブ(Elie Saab)のドレスは印象的だった。

そんなハル、最近では新作『クラウド アトラス』のモスクワプレミアで薄手の素材&レザーのドレスで人々を魅了した(だがあまりにもタイトなので、しゃがむことはできないかも...)。どうか来年のアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞の授賞式でも、ハルのゴージャスなドレス姿が見られますように!


グウィネス・パルトロウ
グウィネス・パルトロウのヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)の"Boss Nuit Pour Femme"の広告はやや残念な仕上がりの気もするが、彼女がファッション・アイコンなのには変わりない。

10月29日にはスペイン・マドリードで開かれた"Boss Nuit Pour Femme"のお披露目イベントに登場。スキンタイトのレザードレス(またはシンディ・クロフォードのお気に入り)にシルバーのブレスレット、黒のパンプスというシンプルないでたちで現れた。

最近では肌を見せたセクシーなドレスが多い気もするグウィネス。9月初めのトロント国際映画祭(TIFF)や先日の「ゴールデン・ハート・ガラ」では大胆なカットアウトドレスに挑戦していた。

グウィネスのレザードレス、そしてレザードレスを着たセレブのギャラリーはコチラからどうぞ!<今週のStyle Evolution>
今週は10月29日に41歳の誕生日を迎えたウィノナ・ライダー。1986年の映画『ルーカスの初恋メモリー』で映画デビューし、元婚約者ジョニー・デップとの共演作『シザーハンズ』、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を手にした『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』といった作品に出演してきた彼女。その後私生活のゴタゴタでキャリアが低迷した時期もあったが、2010年の『ブラック・スワン』あたりから再び盛り返している。

そんなウィノナのファッションの変遷はコチラからどうぞ!