【男性編】親しくない相手に結婚式に誘われたときどうする? ランキング


誘われれば悪い気はしないもの





結婚式は、人生の特別な日です。招かれるのは光栄だし祝ってあげたいけれど、それほど仲がよくない相手に誘われると思わず戸惑ってしまいますよね。相手にとって大切な事柄だけに真剣に悩む人も多いでしょう。そこで、親しくない相手に結婚式に誘われたときどうするか、マイナビ会員の男性427名に聞いてみました。参考になる考え方めじろ押しでしたよ!





Q.親しくない相手に結婚式に誘われたときどうしますか?(複数回答)

1位 参加する 20.1%

2位 仲のよい友だちが参加するなら自分も行く 19.2%

3位 断る 18.5%

4位 仕事上の付き合いがあれば行く 16.6%

5位 当日、理由をつけて欠席する 13.6%







■参加する

・「結婚式は人が多いほうがいいので行きます」(25歳/情報・IT/技術職)

・「祝い事に呼ばれるなんて最高じゃん?」(34歳/ソフトウェア/技術職)

・「相手には結婚式に呼ぶだけの価値ある人だと判断してもらえているから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)





■仲のよい友だちが参加するなら自分も行く

・「友達がいれば安心であり、なんとなく楽しいことがありそうだから」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分だけでは楽しくなさそうなので、ほかの友達の参加状況を見てから考える」(28歳/情報・IT/技術職)

・「盛り上がれる人がいないとつらい」(26歳/医療・福祉/技術職)





■断る

・「もともとにぎやかな場所は苦手だし、まして親しくない人なら行っても浮くだけなので」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「気軽に行くには出費が大きくなってしまうから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「逆に失礼になると思うので(心から祝福できないのは失礼)」(31歳/金融・証券/営業職)





■仕事上の付き合いがあれば行く

・「特別利害関係がなければ親しくないといかなくていいと思う」(26歳/生保・損保/営業職)

・「付き合いで行かなければならないときがあるから」(29歳/商社・卸/営業職)

・「今後につながるから」(28歳/機械・精密機器/技術職)





■当日、理由をつけて欠席する

・「全然親しくない人の結婚式に言っても楽しくなかったし、心からお祝いできないから」(26歳/不動産)

・「行きたくないので、予定をいれて断ります」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「欠席しても、お祝いを出さなければかっこがつかないので、結局、出費になります」(45歳/その他/事務系専門職)





■番外編:スマートな断り方を考えよう

・お祝いカードや花束だけ贈って行かない「できれば、そういう人の会には二次会だけでいい。祝儀をあげたいかあげたくないかが参加したいかの基準」(36歳/その他/事務系専門職)

・ちょっと顔だけ出して帰るようにする「礼儀だから」(27歳/金融・証券/営業職)

・よい出会いが期待できそうなら行く「基本的には断るが、場所が良かったりすると出会いが期待できるので出席することもある」(28歳/情報・IT/技術職)





総評

1位に輝いたのは、「参加する」です。相手が誘ってくれたことに敬意を示したいというコメントが多く見受けられました。また、相手が自分を認めてくれている証拠だととらえる人も少なくないようです。





2位は、「仲のよい友だちが参加するなら自分も行く」でした。ひとりだと時間をもてあましてしまうという人が多数。「せっかく呼んでくれた」と思うものの、ひとりぼっちで参加するにはハードルが高いのかもしれませんね。





3位「断る」と、5位「当日、理由をつけて欠席する」には、大きく分けると素直にお祝いできるときだけ出席したいから、出費が気になるからという2種類の理由があるようでした。確かに、もし出席するなら、頭の中でモヤモヤしたくないですよね。





コメントをみると「参加する」にしても「断る」にしても、誘われたことそのものはうれしいみたいですよ。迷ったら、相手に断る余地を残して誘うだけ誘ってみてはどうでしょうか。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年9月19日〜2012年9月23日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性427名

調査方法:インターネットログイン式アンケート