【女性編】親しくない相手に結婚式に誘われたときどうする? ランキング


結婚式は仲のよい友達に会える同窓会





仲のよい友達が結婚するのは、自分のことのように嬉しいもの。とはいえ、もしも自分ではそれほど仲がよくないと思っていた人から結婚式に誘われたら、ちょっとびっくりしてしまうことでしょう。そこで、親しくない相手に結婚式に誘われたときどうするか、マイナビ会員の女性573名に聞いてみました。今度、誘われたときの参考に、どうぞご覧くださいませ。





Q.親しくない相手に結婚式に誘われたときどうしますか?(複数回答)

1位 仲のよい友だちが参加するなら自分も行く 34.4%

2位 仕事上の付き合いがあれば行く 19.6%

3位 断る 17.8%

4位 参加する 15.0%

5位 予定があいていたら行く方向で考える 14.1%







■仲のよい友だちが参加するなら自分も行く

・「そのときにしか会えない友達もいるので、できるだけ参加したいと思う」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「友達がたくさん来ていると同窓会みたいだから行った」(28歳/食品・飲料/営業職)

・「相手が親しいと思ってくれてるのかもしれないから、自分が楽しめそうなら行く」(22歳/小売店/販売職・サービス系)





■仕事上の付き合いがあれば行く

・「結婚式に出席した欠席したというだけの話で、今後の仕事に影響が出たら嫌なので」(21歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「最低限の社交辞令だと思って割り切って行きます」(30歳/医療・福祉)

・「仕事での付き合いがある方からのお呼ばれは断れない」(31歳/医療・福祉/技術職)





■断る

・「数あわせで呼ばれているなと思ったらいかないと思う」(29歳/金融・証券/営業職)

・「2次会だけなら行くが、披露宴は親しくない人なら断ると思う」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「親しくもないのに参加しても、素直におめでとうという気持ちになれないから」(25歳/運輸・倉庫/営業職)





■参加する

・「誘われたら断る理由がないし、幸せのおすそ分けをしてほしい」(22歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「どんなときも呼んでくれたことに敬意を払って」(30歳/建設・土木/技術職)

・「呼んでもらえないと行けないから」(25歳/金融・証券/事務系専門職)





■予定があいていたら行く方向で考える

・「相手は大事なゲストとして呼んでくれているので参加したい」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お祝いの席なのでできるだけ断りたくはないから」(33歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「行ったら喜ぶ」(26歳/小売店/事務系専門職)





■番外編:損得を考えてしまいがち

・お祝いカードや花束だけ贈って行かない「ご祝儀がもったいないから」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・ちょっと顔だけ出して帰るようにする「頭揃えぐらいにはなるので……」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・よい出会いが期待できそうなら行く「自分に利益があれば行く」(26歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





総評

1位に輝いたのは、「仲のよい友だちが参加するなら自分も行く」でした。結婚式は、懐かしい友達に会える同窓会でもあるのかもしれませんね。仲間と一緒なら、ニコニコと場を和やかにすることもできそうです。





2位には「仕事上の付き合いがあれば行く」がランクイン。結婚式に限らず、冠婚葬祭は最低限の社交辞令と考えている人が多いことのあらわれと言えるでしょう。結婚式に出席することで仕事でのつきあいもスムーズになったらいいですよね。





3位は「断る」でした。確かに、それほど親しくない場合は、披露宴は欠席して2次会だけ参加するほうが、金銭的にも気持ち的にも気軽かもしれません。また、来客数を増やす目的で招待されると傷つく、というコメントも。





せっかく参加するなら楽しみたい結婚式。主役である新郎新婦とはずっと一緒にいられないので、やっぱり仲のよい友達がいると過ごしやすいですよね。誰もが遭遇するかもしれない、親しくない相手からの結婚式のお誘い。このランキングがみなさんの参考になりますように。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年9月19日〜2012年9月23日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性573名

調査方法:インターネットログイン式アンケート