20世紀のファッションを変えた100のアイデア 書籍発売

写真拡大

 20世紀のファッション史を100のトピックで振り返る書籍「100 IDEAS THAT CHANGED FASHION ファッションを変えた100のアイデア」が、ビー・エヌ・エヌ新社から11月下旬に発売される。Harriet Worsleyが執筆し、2012年3月に発行された同タイトルの翻訳版。時代を風靡したアイテムやスタイルに焦点を当て、豊富な大判ビジュアルとともに紹介していく。

100トピックで振り返る20世紀ファッション史の画像を拡大

 「100 IDEAS THAT CHANGED FASHION ファッションを変えた100のアイデア」では女性ファッションが大きな変容を遂げた20世紀にフィーチャーし、当時のビジュアルも混ぜながらターニング・ポイントとなるような100のトピックを216ページに渡って解説。トピックは「オートクチュール」からはじまり、「リトル・ブラック・ドレス」や「ミニスカート」のようなアイテム、「ヒッピー」などのスタイル、「ストリートファッションの影響力」や「使い捨てファッション」といったワードが挙げられている。価格は税込3,150円。

 著者のHarriet Worsleyは世界3大ファッション大学のセントラル・セント・マーチンズを卒業後、ライターやスタイリスト、編集者、デザイナーなど幅広く活動し、現在では母校で教壇に立つ。また過去には、「Decades of Fashion」や「The White Dress」などの書籍を発表している。

■100 IDEAS THAT CHANGED FASHION ファッションを変えた100のアイデア
 定価:3,150円(本体 3,000円+税)
 仕様:A4判変型/216ページ/ビニールカバー
 発売予定日:2012年11月下旬