後姿にもご用心!あなたのかかと、見られています!


ブーツやカラータイツなど、足元のオシャレも楽しい季節。でも、結構目立つのが、靴のかかと。

斜めにすり減っていたり、左右違った減り方をしていたり。ここでは、かかとの減り方別に、正しい歩き方を紹介します。



まず、正しく歩けているひとの靴底は、内側全体とかかと部分がすり減ってきます。

重心が体の内側にあり、歩幅にも無理が無いことがわかります。



こうした靴底での判断をするには、スニーカーやフラットシューズなどヒールの無い靴の底を見ます。

一度、自分の歩き方のクセを知れば、歩き方の改善方法はもちろん、美脚への道のりの近道に。



では、靴底のすり減り方をもとに、美脚への傾向と対策を具体的に説明します。



1.自分の靴底をチェックしてみましょう。

●ガニまたタイプ

靴底のかかとの外側が大きくすり減る傾向にあります。ゆるめの靴を履いてスリッパ歩きのようにかかとをすって歩くひとに多いようです。



●O脚タイプ

靴底の外側がすり減る傾向にあります。外側に重心がかかり過ぎ、内またになるひとが多いの。歩幅が広い場合も同様のすり減り方になるので、歩幅にも意識を向けてみてください。



●外反母趾(ぼし)タイプ

靴底の外側と、かかと部分が薄く大きくすり減る傾向がみられます。外反母趾(ぼし)に負担をかけまいとして、足の指が縮こまっているのかもしれません。



●X脚タイプ

靴底の土踏まず部分の後ろあたりがすり減る傾向に。腰を軸に歩くというより、ひざから下で歩いてしまうため、両ひざがくっつきやすくなるのです。



2.タイプ別に、美脚への傾向と対策を知りましょう。

●ガニまたタイプ

スポーツをよくするコに多いタイプ。ひざが外側に向くために、ふくらはぎの筋肉が間違った方向にムキムキと成長してしまいます。

改善方法は、ひざを前に向け、両ひざが開かないよう注意すること。特に、歩幅には気をつけ、意識して普段より狭い歩幅で歩いてみましょう。

さらに、ガニまたが治るまでは、あぐらは厳禁です!



●O脚タイプ

外側に重心があり、内また傾向にあるため、足首が外側に傾きやすく、ねんざや転倒の原因に。しかも、骨盤が開き背骨が曲がりやすいため、太ももとヒップの境目の無い洋ナシ形の体形にもなりやすいとも言われています。

これを改善するには、いつも天井から頭をつられているように意識して、背筋をまっすぐに伸ばすこと。

立ち座りの時は、お尻の穴をキュッと締めて。内側に重心が向きやすくなります。

歩幅はいつもより狭くして、両ひざを軽くすり合わせるようなイメージで軽やかに歩いてみましょう。



●外反母趾(ぼし)タイプ

このタイプのひとは、靴選びに問題があることが多いようです。足先の血行が悪くなりやすい、むくみや代謝の衰え、さらには足首や筋が張ってしまうことにもつながります。体のゆがみや変なクセをつけやすくなるので、要注意です。

改善するには、足の指をきちんと伸ばすこと。足先を冷やさないよう気をつけ、指のグーパー運動をするなど血行改善に努めましょう。

足裏全体をマッサージするのもいいですね。



●X脚タイプ

運動不足のひとが比較的多いタイプです。かかとから着地せず、つま先から着地するなど、歩き方にも問題ありです。普段からおなかまわりの筋肉をあまり使わないため、ヒップが垂れたり、便秘になったり、むくみやすくなったりといろいろなトラブルも心配です。

気をつけることとしては、常につま先を外側に向けて、仁王立ちになるように立つといいでしょう。座る時はかかとをくっつけ、ひざの角度はゆるめにキープします。歩く時は胃から引き上げるようなイメージでかかとから着地。できるだけひざを曲げず、全身を使って歩くよう心掛けましょう。

クセが治るまで、正座や女のコ座りはできるだけ避けたほうが良いわ。



自分ではなかなかわからない歩き方のクセですが、意識して姿勢を正せば、一歩一歩、美脚に近づくはずです!

(ビューティ&ダイエット編集部)