長野県・軽井沢町 「軽井沢高原教会」で晩秋を楽しむ紅葉ライトアップ開催

写真拡大

長野県・軽井沢町の「軽井沢高原教会」では、季節のイベントとして紅葉のライトアップを11日まで行っている。

同教会は90年の歴史があり、軽井沢の変遷を見続けてきた軽井沢を代表する教会。

大正時代から多くの文化人が集い、心を寄せる特別な場所となっており、それは今も受け継がれているという。

教会前の中庭は、今の時期、モミジやカツラが彩り鮮やか。

紅や黄色に染まった景色が美しく、夜は木々を照らすライトアップが幻想的な風景を作り出すという。

紅葉に包まれながら、軽井沢の晩秋を楽しめるイベントとなっている。

紅葉ライトアップの点灯時間は、18時〜21時。

ライトアップ期間中は数々の企画も用意されている。

まず、「森の中の野外美術館」では、自然の中でさまざまに表情を変える木のオブジェを中庭に展示。

人気は3匹のクマとフクロウ。

紅葉と一緒に記念撮影ができる。

開催時間は9時〜21時。

「実るメッセージツリー」は、大切な人に気持ちを込めたメッセージカードを、モミジやイチョウの形に織り込んで木の枝のオブジェにつるし、恋と紅葉が実るアート作品が完成する。

開催時間は平日9時〜20時、土日祝9時〜21時。

最終日の11日13時30分〜14時15分には、「ゴスペル礼拝」を開催。

教会でゴスペルを歌い、晴れやかな時間を過ごすことができるという。

また、教会に隣接する「星野温泉 トンボの湯」では、信州産のリンゴが1,400個浮かぶリンゴ湯を開催している。

開催日は、10日〜13日10時〜22時。