大和ハウス、建設予定地の地震発生確率や予測震度情報を本格提供開始!

写真拡大

大和ハウス工業は3日、戸建て住宅建設予定地での地震発生確率や予測震度などのリスク情報を即時に提供する地震危険度評価ツール「ココゆれ」の本格運用を開始した。

同サービスは、任意の地点を選択入力することで、5年先から50年先まで5年単位の震度(5弱以上〜6強以上)地震の発生確率と、当該地点付近の断層情報(予測震度・距離・深さ・マグニチュード・発生確率)を解析。

約30秒で結果を表示できるツール。

解析データには、防災科学技術研究所「地震ハザードステーション」が公開した、全国の地震活動・震源モデル等のデータを活用。

最新のデータが公開され次第、随時更新していくという。

データの乱用を避けるためインターネット上などでの一般公開はされておらず、同社で住宅購入の相談を行った際などに閲覧できるという。



続きを読む