神奈川県・川崎市地方卸売市場 南部市場で年に一度の「食鮮まつり」を開催

写真拡大

川崎市地方卸売市場 南部市場は11日、年に一度の食の祭典「第20回川崎南部市場 食鮮まつり」を開催する。

同市場は、水産・青果・花・関連部門の卸売り・仲卸売りの4業種が集まり、54年間にわたり「川崎の食の台所」として親しまれてきた。

同イベントは、通常、飲食店・スーパーなどの小売店のみに卸売りしている市場が、年に一度だけ全売り場を一般開放するお祭り。

即売・特売はもちろん、盛りだくさんの催しで毎年3万人を動員し、好評を博している。

今年も、青果・水産・花・関連部門の特価セールをはじめ、市場ならではの企画や目玉商品・特売品を多数そろえて開催され、お歳暮や年末商品の買い出しはもちろん、安心・安全な野菜・魚などを各家庭で食す絶好の機会となっている。

当日は、毎年大人気の「鯵の詰め放題」や「生マグロの解体ショー&即売会」、「模擬ぜり体験」や「お魚ふれあいプール」などを開催。

また、スペシャルステージライブも行われる。

開催時間は8時〜13時。

開催場所は、川崎市地方卸売市場 南部市場。

各店舗、売り切れ次第終了となる。