神奈川県横浜市で、横浜港大さん橋リニューアル10周年記念イベントを開催

写真拡大

横浜市は、4日より12月10日まで、横浜港大さん橋国際客船ターミナルのリニューアル10周年記念イベントを開催している。

客船の玄関口として「横浜の魅力」を生み出している横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、2002年12月1日のリニューアルオープンから10周年を迎える。

「リニューアル10周年記念展示」では、大さん橋の歩みを振り返り、リニューアル前の大さん橋の写真、客船模型や初めて入港したときに交換する記念プレートなど、貴重な品々を展示する。

また、大さん橋生まれのマスコットキャラクター「スウィンギー」が登場する、飛鳥II「東北復興応援クルーズ」の出港イベントなど、各種イベントも開催する。

「リニューアル10周年記念展示」は11月4 日〜12月10日。

横浜市消防音楽隊アンサンブル「くじらのおなか」特別コンサートは7日9時20分〜と10時30分〜、各30分間。

会場は、大さん橋ターミナル2階出入国ロビー、CIQプラザ。

飛鳥?「東北復興応援クルーズ」出港イベントは、横浜市消防音楽隊による歓送演奏が7日10時40分より、屋上デッキにて。

福島県猪苗代町物産展が7日〜9日10時〜17時 (7日は8時30分から、9日は12時まで)、出入国ロビーにて。

その他、イベントの詳細は横浜港大さん橋国際客船ターミナルホームページまで。