5日、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演した映画コメンテーター・LiLiCoが突然泣き出したと、デイリースポーツが報じており、ネット掲示板で話題になった。

デイリースポーツによると、LiLiCoは「テレフォン・ショッキング」に登場するなり感激の涙を見せたという。18歳でスウェーデンから来日して24年間、LiLiCoは、いつか「テレフォン・ショッキング」に出演する日を夢見ていたと告白、タモリからも「いいとも!で日本語覚えたらしいね」と振られると、「お弁当屋さんでバイトしていて、お昼休みに『いいとも』を見ていた。最初に覚えたのは『無礼講!』かな」と昔のエピソードを涙ながらに語った。

すると、ツイッター上では、中川翔子の母親・桂子さんが「いいともで日本語を覚えたからテレフォンショッキングに出るのが夢!と言い続けていた LiLicoが今から登場!夢を叶えました!」「そして LiLicoは車の中で生活しながら私がやってたお店で五年も働いてくれました。本当に良かった。涙止まりません」と発言し、自分のことのように喜んだ。

また、ネット掲示板では「18歳から日本語勉強したのにネイティブさながらに話せるのはすごいな!!」「たしかにホームレス演歌歌手はインパクトがあるな」「この人しゃべりが面白かった。頼れるお姉さんって感じで好感度高そう」とLiLicoを絶賛する声が続出。中には、「王様のブランチ歴長いのに、なんで今になってゴリ押しされるのか…」「弁当屋で昼休みにいいとも見れるっておかしくね?」と疑問を感じたユーザもいたようだが、夢を叶えたLiLiCoに、ユーザの多くは祝福のコメントを寄せた。

【関連記事】
LiLiCoに有村昆、近ごろよく目にする「映画コメンテーター」の素朴な疑問

【関連情報】
LiLiCo いいとも初登場に感涙(デイリースポーツ)
LiLi.Com(LiLiCoの公式ブログ)
中川翔子の母親・桂子さんのツイッターアカウント(@Miraclekeiko99)