地域別「紅葉見頃傾向」が公開-ウェザーニュース

写真拡大

日本の民間気象情報会社ウェザーニューズは、各地の紅葉を楽しんでもらうため地域別の「紅葉見頃傾向」を公開。

同社では、スマホ向けアプリや携帯サイト、インターネットサイトで紅葉の名所800カ所の詳細情報を提供している。

北海道では、道北や道東から落ち葉が進み、現在は道央や道南の市街地で色づきが進行。

11月上旬まで市街地の紅葉を楽しめるという。

東北では、11月の気温は例年よりもやや高めになり、これから見頃を迎えるエリアでは見頃の時期が例年よりも少し遅れる予想となっている。

夏以降の十分な日照や、10月以降に適度な冷え込みがあったことから、鮮やかな色づきを期待できるとのこと。

また、関東では、11月の気温が例年並みで、紅葉は11月中旬から12月上旬に見頃を迎えるという。

夏以降は日照時間が十分にあり、鮮やかな紅葉が期待される。

一方、南部沿岸では台風17号による塩害の影響を受け、紅葉前に葉が枯れているところもあるとのこと。

なお、同発表は11月1日時点のもの。

すべての地域の最新天気・紅葉見頃予想はスマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」、携帯サイト「ウェザーニュース」、インターネットサイト「ウェザーニュース」で確認することができる。