「日清ラ王」の立ち食い店が山手線ホームに登場 – 1杯250円!

写真拡大

日清食品は6日、JR渋谷駅(東京・渋谷)に「日清ラ王 袋麺」がその場で食べられる店舗「日清ラ王 袋麺屋」を期間限定でオープンする。

期間は未定。

場所は山手線内回りホーム上(中央)。

営業時間は10時〜22時(ラストオーダー21時30分)。

店舗は外観を赤色の広告シートでラッピングし、「日清ラ王」の世界観を表現しているという。

面積は約17.6平方メートルで席数10席。

同店では、「日清ラ王 醤油」「日清ラ王 味噌」(各250円)の2種類を提供。

麺とスープに適したトッピング5種類を選び抜いたとのことで、醤油味はチャーシュー、煮玉子、ほうれん草、メンマ、輪切りねぎ、味噌味はチャーシュー、煮玉子、コーン、もやし、白髪ねぎが盛り付けられている。

オープン前の発表会でさっそく日清ラ王 醤油をいただいてきた。

キャッチコピーの”まるで、生めん。

”の通り、とても袋麺とは思えないもちもちと弾力のあるつるつるの麺が味わえた。

あっさりとしたスープに彩りのよいトッピングが見た目にも鮮やかで、これが250円で食べられるなら大満足だ。

「日清ラ王袋麺は発売以来ご好評いただいているが、まだ知らない人、食べたことのない人もいらっしゃると思います。

人通りの多い渋谷に構えたこの店舗をきっかけに商品を知っていただいて、ぜひご自宅でも召し上がっていただきたい」と同社。

この店舗で提供される「日清ラ王 醤油 5食パック」「日清ラ王 味噌 5食パック」は、8月に関東甲信越・静岡地区で先行発売された。

価格は1パック500円(税抜)。

同商品は、これまでの袋麺にはなかった豊かな小麦の香り、麺のつるみやコシ、もっちりとした食感を実現したという。

袋麺ならではの賞味期限6カ月という保存性の高さと調理の簡便性も兼ね備えているとのこと。

なお、同商品は7月〜8月に東京・汐留で「値段のないラーメン屋」としてブースをオープン。

袋麺の「日清ラ王 醤油」であることを公表せずに提供し、「このラーメンにあなたなら一杯いくら払うか」と聞いたところ、体験者2,074人の平均価格は545円となった。