R君たちの変わりのなさ(一部除く)に、ファンなら感動必至。ところで「あさの」と「きしだ」は…

写真拡大

ゆうきまさみさん作の漫画「究極超人あ〜る」の「25年ぶり」の新作が、2012年11月5日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)に掲載され、話題を呼んでいる。

「あ〜る」は週刊少年サンデーで1985〜87年に連載、とぼけた性格のアンドロイド(当人いわく「ロボットじゃないよ、アンドロイドだよ」)R・田中一郎ら春風高校光画部(いわゆる写真部)の巻き起こす騒動とのんきな日常をひょうひょうとしたタッチで描き、人気を集めた。

「文化部のバイブル」ともいわれる人気作

直撃世代はもちろん若い世代にも読み継がれており、「文化系部活のバイブル」との呼び声も高い。ファンによる「聖地巡礼」を生んだ走りともいわれ、2012年7月にも長野県伊那市の職員有志らの主催により、OVA(オリジナルビデオアニメ)版の一場面を再現するサイクリングイベントが開催されて話題を呼んだ。

今回の新作は小学館が震災復興チャリティー企画として、かつての人気漫画を読みきりで復活させる「ヒーローズ・カムバック」の第2弾として発表されたものだ。R・田中一郎を始め、鳥坂先輩、大戸島さんごらメインキャラはもちろん、校長先生や用務員の毒島さん(モデルはそれぞれ落語家の春風亭柳昇、俳優の天本英世)といった懐かしの面々も登場、「これぞあ〜る!」な一編になっている。

椎名高志ら後輩漫画家からも喜びの声

掲載号が書店に並んだ5日、Twitter(ツイッター)ではファンたちから、

「悪いこと言わんからあ〜る世代は必読と書いて必ず読めと。ノリが完全に当時のママ」
「やっぱ、あ〜るは最高だよ。読み切りとは言わずに復活して欲しいなぁ」

と喜びの声が相次いだ。また後輩漫画家たちも、たとえば椎名高志さんが、

「読み終わるのが惜しくて、ニヤニヤしながらゆっくりタメつつページをめくってました。みんなにまた会えて嬉しかったです、ありがとうございました!」

と感想をつぶやいたほか、猪熊しのぶさんや黒丸さんといったスピリッツ連載陣からは「あ〜ると同じ雑誌に載った」ことに興奮の声が飛び出した。

今回の「新作」は、2013年3月にほかの復活作品とともに単行本化される。