死ぬまでに入ってみたい世界の神秘的な洞窟-トリップアドバイザー

写真拡大

旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」はこのほど、「トリップアドバイザー・バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことの一覧)」第11回として、「死ぬまでに入ってみたい 世界の神秘的な洞窟 15選」を公開した。

同コンテンツでは、「ブルー・グロット(青の洞窟)」(イタリア/ナポリ)をはじめ、「ダイヤのように輝く」という意味の「ディアマンティナ洞窟」(ブラジル/バイーア州)など、世界の洞窟15カ所を、旅行者から投稿された写真とともに紹介。

中には、頭蓋骨が並ぶ「カタコンベ(地下の墓地)」(フランス/パリ)や、「多くの手の洞窟」という名の通り、無数の手形が壁面にある世界遺産「クエバ・デ・ラス・マノス」(アルゼンチン/パタゴニア)といった、個性的な洞窟も選ばれている。

日本の洞窟からは、沖縄本島の新たな観光スポットである「ガンガラーの谷」が選ばれた。

旅行者からは、「癒やしのパワースポット」、「洞窟は神秘的で、自然はダイナミック。

ガジュマルの不思議さに魅了されました」といったコメントが寄せられている。