認知症になった場合、女性の84%は施設を希望- 「介護に関する意識調査」

写真拡大

有料老人ホーム・高齢者住宅を運営するオリックス・リビングは、11月11日の「介護の日」に合わせ、全国の40代以上の男性689名、女性549名の計1,238名を対象に第4回「介護に関する意識調査」を実施、このほどその結果を公表した。

認知症を発症し、大切な人を忘れてしまった場合、「施設に入る」と回答した人は76.1%。

男女別に見ると、女性(84.2%)の方が男性(69.7%)よりも施設を希望する結果となった。

また男女ともに、年齢が上がるほど「大切な人に介護してほしい」という割合が増加する傾向が見られた。

自身の介護については、「不安」「やや不安」を合わせて約9割(87.9%)が「不安」と回答し、女性(92.0%)の方が男性(84.7%)よりも不安を感じている。

一方、人生設計の中に介護費用が含まれていないと回答した人は約7割(71.6%)。

男女別に見ると、男性(77.5%)の方が女性(64.3%)よりも介護費用について考えていない結果となった。

自身に介護が必要になったときについては、「まだ何も考えていない」(65.8%)、「考えているが、まだ家族に伝えていない」(26.2%)と9割以上(92.0%)が具体的な行動をとっておらず、漠然とした不安を持っていることがうかがえる。

将来に不安を感じながらも具体的な準備をしていない理由は、「まだまだ先だと思うから」(42.9%)、「イメージがつかないから」(39.4%)となった。

配偶者について、介護をしたいと思わない女性は33.7%、男性は20.7%となり、女性の3人にひとりが配偶者の介護を望まないという結果に。

夫婦で有料老人ホームに入居する際の同室の意向については、約8割(79.7%)が「夫婦で同じ居室に入居したい」と回答した。

男女別に見ると、男性(86.2%)は、女性(71.6%)よりも同室を希望する結果となった。

50代では、「夫婦別々の居室に入居したい」と回答する人が他の世代に比べ多く、特に女性は3割以上(31.6%)が別室を希望した。

有料老人ホームへの入居について、自身の入居に「抵抗を感じない」と回答した人は54.2%。

男女別に見ると、男性が45.7%に対し、女性は64.8%となった。

同様に家族の入居について、抵抗を感じない男性は47.4%に対し、女性は59.6%だった。

そのほか、調査結果の詳細はオリックス・リビングのホームページで閲覧できる。