女性の65%は「白髪」に悩んでいる! -「女性の頭髪の悩みに関する調査」

写真拡大

ドクターシーラボは1日、女性の頭髪の悩みに関するアンケート調査の結果を公表した。

同調査は8月28日〜8月31日、20代〜70代の女性361名を対象にインターネットにて行なわれた。

頭髪に関する悩みを質問したところ、ダントツで多かった回答が「白髪がある」(65%)となり、半数以上の女性が白髪に悩んでいるという結果となった。

「自分の白髪」「他人の白髪」とも、もっとも気になるシチュエーションは「至近距離で会話しているとき」となった。

一方で、双方で10%以上の違いが見られた項目が2つあった。

ひとつは「バスや電車に座っているとき」。

自分の白髪が気になる人は13%だったのに対し、バスや電車に座る人の頭を上から見たときに、他人の白髪が気になる人は25%に。

バスや電車の中は、自分が思っている以上に他人から見られているシチュエーションだということが予想される。

もうひとつは「髪を結んでいるとき」。

髪を結ぶときに、自分の白髪が気になる人は29%なのに対し、他人が髪を結んでいるときに白髪が気になると回答したひとは17%。

こちらは逆に、自分が気にするほど他人は気にしていない、という傾向が見て取れる。

また、日常のシチュエーション以外に白髪が気になるイベントは「友人との集まり」が一番多い結果に。

女性は白髪に関しては、まったくの他人よりも、見知った人に対しての方が敏感になるようだ。

白髪対策について質問したところ、もっとも多かった回答は「美容院などで白髪染めをしている」(35%)、次いで「自宅で白髪染めをしている」(23%)となり、対策としては白髪染めを行っている人が多い傾向にあることがわかった。

白髪染めをしたことのある人が感じている、白髪染めで不満なことについては9割近くが「すぐ色落ちしてしまう」(87%)と回答。

次いで「髪が傷む」(67%)、「時間がかかる」(50%)と、いずれも半数以上の回答があった。