ACNEの国内旗艦店は南青山コルソコモ跡地 仮囲い設置

写真拡大

 スウェーデン発ブランド「ACNE(アクネ)」の国内初のショップが、2012年2月14日に営業を終了した「10 corso como COMME des GARÇONS(ディエチ コルソ コモ コム デ ギャルソン)」の跡地にオープンすることがわかった。改装中の同ショップに、11月5日に「ACNE STUDIO TOKYO」という仮囲いが登場。オープンは、12月14日に予定されている。

ACNE旗艦店はコルソコモ跡地の画像を拡大

 「ACNE(アクネ)」は7月に、国内初の旗艦店を東京・青山にオープンすることを発表。日本への上陸は「ACNE」を展開するスウェーデンのアクネ ストゥディオズとトゥモローランドのジョイントベンチャーによって実現した。オープンの場所は当初公開されておらず、アクネ ストゥディオズもトゥモローランドも正式発表していなかったが、11月5日「10 corso como COMME des GARÇONS」の元メンズショップの跡地に、ピンク色に黒字で「ACNE STUDIO TOKYO」と書かれた看板が設置され、オープン場所が公になった。なお、隣の元ウィメンズショップも工事中のようだが、こちらが「ACNE」旗艦店の一部となるのかどうかは現段階では定かではない。

 オープン時期は当初秋とされていたが、冬に延期。トゥモローランドのホームページでは12月14日と発表されており、オープン時には秋冬シーズンとプレスプリングのコレクションが並ぶことになりそうだ。