ロッテと日本気象協会が空気の乾燥度合いを知らせるサービスを提供

写真拡大

ロッテは、日本気象協会と共同で、空気の乾燥度合いを知らせるコンテンツ「ロッテのど飴指数」を11月1日より提供開始。

これにともない、「ロッテのど飴指数計」が毎月抽選で50名に当たるキャンペーンを実施する。

「ロッテのど飴指数」は、ロッテ「のど飴」の販売データ、気温や湿度などのさまざまな気象条件、空気の乾燥との関連性を示す資料などを元に、のどに悪影響を与える「ドライレベル」をビジュアルで知らせるコンテンツ。

携帯電話およびスマートフォンにも対応しているので、外出先でもドライレベルをチェックすることができる。

応募には、「ロッテのど飴シリーズ」を1個以上購入したレシートが必要(購入店舗、日付、対象商品名が明記されたもの)。

レシートを応募ハガキまたは郵便ハガキに貼り、必要事項を明記の上、応募となる。

キャンペーン期間は、2013年3月29日(当日消印有効)まで。

対象商品は、のど飴、フルーツのど飴、はちみつカリンのど飴、のど飴(袋)、のど飴ZERO(袋)、果実でスーっとのど飴(袋)、11月6日発売のピーチジンジャーのど飴(袋)となる。

詳細は、同社キャンペーンサイトを参照のこと。