広島県・広島ワシントンホテルが「ひろしまルーム」デザインを公募-藤田観光

写真拡大

藤田観光は1日より、2013年秋に開業予定の「広島ワシントンホテル」において、地元「広島県」をテーマにした客室「ひろしまルーム」を制作するとともに、同客室のデザインを広島県出身、または広島県在住者から募集している。

「ひろしまルーム」は、広島県が誇る文化や風情など地域の魅力や特色を内装のデザインに反映させ、ホテル利用者に客室内でも「広島県らしさ」を感じてもらうことを目的とした取り組みとなる。

今回の募集は、2013年12月開業予定の仙台ワシントンホテルの「みやぎルーム」に続くもの。

地元広島県の若手デザイナーはもちろん、これからデザイナーを志す人たちに対し、新たな発表の場を用意することで地域文化の発展に貢献していく、としている。

募集テーマは、「広島県が感じられる客室」。

選考基準は、客室コンセプトが明確であり、広島県の魅力が上手に表現できていること。

採用数は1件以上で、優れたデザイン多数の場合は複数採用する場合もある。

採用作品に対し、各20万円のデザイン料が支払われる。

応募資格は広島県出身、または広島県在住のデザイナー、デザイナー志望者。

応募受付期間は、11月1日〜12月27日。

その他、詳しい募集内容については、ワシントンホテルのホームページまで。