「沖釣り」に出た場合、どれだけ釣れば”元”を取れるの?

写真拡大

船で沖に出て、思う存分魚を釣ることができる沖釣り(船釣り)。

釣りが好きな人にはたまりませんよね。

では沖釣りをする際に支払う料金の「元」を取るには、どんな魚をどれだけ釣ればいいのでしょうか? 船頭さんや沖釣りに頻繁にでかける人などにお話を伺い、調査してみました。

まず、沖釣りをする場合に必要となる費用を調査しました。

筆者の地元で釣り船を出している船頭さんに料金を聞いたところ……釣り船貸切……60,000円〜70,000円相乗り……1人頭15,000円といった料金になっているそうです。

貸切の場合は船のサイズによって料金が上下し、大きくなれば100,000円以上になり、小さいのであれば40,000円ほどで貸切にできるとのことです。

また、相乗りはだいたい10,000円〜15,000円の価格が中心で、高くなっても20,000円、安い場合は7,000円という釣り船もあるそうです。

ちなみに、貸切、相乗り、どちらの場合もエサ・氷付きの料金です。

次に沖釣りで狙うことのできる獲物をピックアップしてみます。

季節や場所によって釣れる魚は色々変わってきますので、今回は秋に釣れる魚だけで考えて見ます。

魚屋さんによると、この時期、沖釣りで釣れる魚は、マダイアマダイアジイサキイナダワラサカンパチアオリイカスミイカなどが釣れるそうです。

(※地域などによって異なります)次に、先ほどピックアップした魚たちの値段は1匹いくらぐらいなのか、魚屋さんに聞いて調べてみました。

(※卸価格ではなく販売価格)まずマダイは10センチ程度のものなら1,000円前後、30センチぐらいになると3,000円〜4,000円になるそうです。

60センチ以上になると大きく値段が上がり、8,000円〜の値段になるとのことでした。

高級魚とされているアマダイはサイズによりますが3,000円〜7,000円。

アジは300円〜500円で旬のイサキは500円ほど、ブリの幼魚イナダは3,000円前後、同じくとブリの幼魚のワラサは6,000円〜7,000円ぐらいの値段になります。

カンパチは1キロサイズで3,000円前後、3キロぐらいになると6,000円以上になる場合もあります。

イカの中ではアオリイカが高額で、1キロだと3,000円、3キロ4キロの大きなものだと6,000円ほどで取り引きされています。

旬は少し過ぎましたが、シロイカは1杯500円ほど、スミイカ(コウイカ)は200円〜300円ほどとのこと。

金額をまとめると、マダイ……1,000円〜8,000円以上アマダイ……3,000円〜7,000円アジ……300円〜500円イサキ……500円イナダ……3,000円前後ワラサ……6,000円〜7,000円カンパチ……3,000円〜6,000円アオリイカ……3,000円〜6,000円スミイカ……200円〜300円この金額を元に考えると、相乗りで15,000円の料金を支払っている場合は、マダイなら30センチ前後のサイズを3匹と、アジを10匹ほど釣れば十分に料金を超える金額の釣果になるわけです。

また、マダイの60センチ超えのサイズ、もしくはワラサやカンパチなどが釣れた場合はかなり容易に元が取れることになりそうですね。

船頭さんによると、まともに釣れさえすれば料金以上になるらしいので「元が取れるかな……」と心配することはないそうです。

ただ「船酔いで終始寝たきり」については「どうしようもない」そうですよ(笑)。

釣り好きな人にとっては、元を取る取らないなんて関係ありませんが、たまにはこういった「違う角度」から釣りをするのも新鮮です。

船上でアタリが来ず暇なときは、周囲の釣果をお金に換算してみるもの面白いかもしれませんね(笑)。

(貫井康徳@dcp)