面接対策をしたか・しないかで
合格する確率は50%以上も違う!?

「面接で内定を取るためにはどうしたら良いのか?」

 これは、今まで数えきれないほど受けてきた質問です。これを話せば「絶対内定!」という成功法則はありません。しかし、失敗する確率を低くすることは十分に可能です。

 多くの転職希望者の方は、面接対策が不十分です。その結果、面接を通過できていないといえます。面接対策を十二分に行うことによって、面接の合否が50%以上変わってきます。これは一時期、私自身がデータをとっていたことからも明らかです。面接対策を完全に行ったときには、何もしていないときよりも合格する確率は50%近く向上します。

 当時私は、徹底的に面接を究めてみようと追求していましたので、転職希望の方の表情から動作、発言内容まで細かく観察し、もっとどうすれば良いのかを細部にわたって研究しました。アメリカのホームドラマに『ライ・トゥー・ミー〜真実は嘘を暴く〜』というものがあります。専門家が犯罪者を見抜くために微かな表情を観察するというものです。このドラマを見たときに、私も同じようなことをやっていたんだなと感じたくらいです。

 その後、自分のやってきたことを振り返る機会があり、転職希望の方にとって大事なのは「内定を取ること」ではなく、あくまでも転職後のビジネス人生を充実させることだと気がつきました。そう考えると、受からない企業にギリギリ受かることの意味は、どれほどのものなのだろうかと反省するようになり、今では内定をギリギリとるための対策をすることは一切やめています。

 とは言いながら、多くの人材紹介会社が面接対策を施すようになっており、自分の力を十分に発揮することなく、相対比較で落ちてしまう方が増えているのも事実です。そこで私からいえることは、完全な嘘やでっちあげはそもそも相手にばれますし、通用しないということ。そして、一定の準備をせずに面接をすれば、多くの方はイマイチな結果になってしまうということです。それだけ面接、採用の現場がシビアになってきていると感じます。

 では、面接の場ではどんな質問をされることになるのでしょうか?多くの企業が面接で聞く質問は、自己紹介、転職理由、志望動機、仕事上の強み(成功体験)、弱み(失敗体験)、将来のキャリアビジョン、年収、希望年収、転職時期です。

 成功するための面接対策というよりは、やはり失敗事例から学ぶことが大事です。そこで今回は、失敗をしている人が多い事例をご紹介していきましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)