東北へ行こう!今がベスト!紅葉ガイド 〜奥入瀬渓流 篇〜

写真拡大


こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
前回の「東北へ行こう!紅葉ガイド〜世界遺産中尊寺・角館 篇〜」は楽しんでいただけましたでしょうか?
東北は本当に良いところですねー!大好きになりました。それではつづきを書いてみようと思います。


綺麗な写真が続くので是非お楽しみください♪


今が見頃!青森 奥入瀬渓流で紅葉散策


秋田県のお宿に泊まり、次の日に向かった先は青森県にある奥入瀬(おいらせ)渓流。


朝早く起きて温泉に入り、ホテルの外を少しお散歩したらススキを発見。秋ですね。


青森へ向かう道中にあったのが秋田の名所、一本桜。


よく広告などでも使われるそうで見たことがある人もいるのではないでしょうか?
あいにくの曇りでしたが、晴れている日は後ろに東北一大きい岩手山が後ろにそびえ、立派な一本の桜が立ち、見事な景色になるそうです。
この景色でも随分と立派でしたが春になり桜の花が咲き始めるとそれはもう絶景になり、写真を撮ろうと大混雑するそうです。春夏秋冬、折々の季節に楽しめるところ、東北。


さて、景色に見とれているうちについたのが奥入瀬。
奥入瀬渓流は全長およそ14kmにもなるとても長い渓流で、そのうちに滝や流れが何十本も流れているのですごく気持ちがいいところです。


まずはじめについたのは、雲井の滝。見事ですね。


ついてみてまずはじめに感じたことは、空気が美味しい。綺麗に紅葉した木々に囲まれてマイナスイオンを感じます。そしてやはり青森は東北の最北にあるため、どこよりも紅葉が見事でした。今が見頃です!


延々と絶景が続く奥入瀬を散策します。


歩いては立ち止まり写真を撮ってとのんびりゆっくりの散策です。


下ばかりでなく上を見上げても木々が美しい。1時間ほど歩きましたがあっという間でした。すごく良いリフレッシュになったな!


これは本当におすすめ。そして絶対に再訪したい場所になりました。


そして奥入瀬を離れて、青森県と秋田県の境にある湖、十和田湖の見渡せるご飯どころで昼食を。


稲庭うどんを食べましたがびっくりするほど美味しかったのでおうどんを買いました。美味しくつくれるかな〜。


こちらは発荷峠(はっかとうげ)から観た景色。


山がオレンジ色に綺麗に染まりいつまでも続く絶景に感動。これはなかなか観ることができない景色だなぁ。


道の木々も真っ赤に染まっていました。


最後はというと仙台で牛タン弁当を買い新幹線の中で晩ご飯を食べました。新幹線でのお弁当も旅の醍醐味ですよね。


綺麗な景色に出会い、美味しい食べ物に舌鼓を打ち、明日からもまた自分らしく前に進んでいこう。そんなことを思えた東北の旅。
いかがでしたか?興味がある方は是非足を運んでみてくださいね!


あわせて読みたい