【男性編】朝、布団から抜け出すための工夫ランキング


気合と勢いで眠気を吹き飛ばせ!





冬が近づいて、だんだんと冷え込む朝。ただでさえつらいのに、寒いと余計つらいじゃないか! と思う人も多いはず。そこで今回は、朝、布団から抜け出すためにしている工夫をマイナビ会員の男性427名に教えてもらいました。なるほど、と思うようないろいろな工夫が盛りだくさんです。ぜひ、読んでみてくださいね。





Q.朝、布団から抜け出すための工夫を教えてください(複数回答)

1位 勢いよく布団から出る 26.9%

2位 目覚ましをかける 25.8%

3位 ストレッチする 11.5%

4位 二度寝する 10.5%

5位 部屋を暖めておく 5.4%







■勢いよく布団から出る

・「勢いをつけて立ちあがらないと、二度寝してしまうから」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「足を思い切り上げて、勢いをつけて起きる。時々つんのめる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「勢いでいかないと起きられないから。これをやっていると、体が勝手に反応してくれます」(28歳/運輸・倉庫/技術職)





■目覚ましをかける

・「寝過ごさないよう、5分ごとにアラームが鳴るようにしている」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「目覚ましを遠くに置くと、止めるために布団から出るので目が覚める」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「3個の目覚まし時計を布団から徐々に離してセット」(35歳/その他)





■ストレッチする

・「布団の中でのびをするだけでも、ずいぶんすっきりします」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「体を動かすことで、二度寝の欲求を減らす」(31歳/ソフトウェア/技術職)

・「朝は体が固まっているので体を伸ばす」(31歳/小売店/販売職・サービス系)





■二度寝する

・「アラームをスヌーズにして二度寝すると、寝た気になる」(26歳/医療・福祉/技術職)

・「二度寝すると起きる。あきらめがつく」(26歳/生保・損保/営業職)

・「二度寝することで、多く寝た気分を味わう」(25歳/マスコミ・広告/技術職)





■部屋を暖めておく

・「寒いと布団から出たくなくなるので、部屋を暖めておく」(22歳/情報・IT/事務系専門職)

・「冬場は結構効果的」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「血圧が低いので、部屋が暖かいと起きやすい」(30歳/金融・証券/専門職)





■番外編:あえて寒い環境にしておく手も!

・厚着して寝る「布団から出ても寒くないように」(33歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・体の一部を布団から出す「体を別の温度の環境において目を覚ます」(24歳/食品・飲料/専門職)

・日の光を浴びる「太陽の光を浴びると自然と体が起きるようになるから」(25歳/金融・証券/営業職)





総評

栄えある1位に選ばれたのは、「勢いよく布団から出る」です。有無を言わせず、勢いで起きるのが一番だと考えている人が多いようでした。やっぱり、気合で勝負。そして、その勢いで仕事も乗り切りたいものです。





2位は「目覚ましをかける」。5分おきになるようにしている人、目覚ましを複数個セットしている人、わざとベッドから遠くに目覚ましを置いている人など、ただ目覚ましをかけるのではなく、工夫も大切なようです。





4位には「二度寝する」がランクイン。うっかりの二度寝ではなく、わざとちょっと早めの時間に一度目を覚ましてもう一度寝る、という確信犯的二度寝は、シアワセ感を味わわせてくれるのかも。





つい夜更かししてしまいがちですが、朝、気持ちよく起きられれば、自然と夜に眠くなるかもしれませんね。寒い冬は続きますが、毎朝、がんばって布団から出たいものです。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年9月19日〜2012年9月23日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性427名

調査方法:インターネットログイン式アンケート