日本生命保険相談役 
宇野郁夫 
1935年、大分県生まれ。59年東京大学法学部卒業後、日本生命保険入社。常務取締役国際金融本部長、代表取締役副社長などを経て、97年代表取締役社長、05年会長、11年7月より現職。

写真拡大

10年6月、スペインのマドリードで国際保険会議(IIS)が開催された。世界の保険業界関係者や監督官庁関係者などが集まる会議だったが、私は日本人として初めてそこで基調講演を行った。

会議のテーマは「金融危機を乗り越えて」であった。いまだからこそ、価値の大転換をはからなければならない。そのために、我々が何をしなければならないのかということを話し合うのだ。私の講演のテーマは「精神性の復活」だった。

経済の専門家ではない私が、金融危機やその後の世界について語るには知識が不足していたため、会議の10カ月ほど前から経済学や金融危機に関する本を中心に読み漁り、勉強を重ねてきた。

勉強するうちにわかったことがいくつかある。一つは、それまで脚光を浴びていた多くのエコノミストたちが、金融危機を境にすっかり姿を消してしまったことだ。市場主義経済があたかもすべてを解決するかのごとく語っていた彼らの話が間違いだったことが、金融危機によって証明されたからだろう。

もう一つ気がついたことは、経済学の名著の復活である。市場主義を信奉するシカゴ学派が跋扈しはじめて以来、アダム・スミスやケインズといった経済学の古典が隅に追いやられていたが、いま、そこに再び光が当たっているのである。

1970年にノーベル経済学賞を受賞し、2009年12月に94歳でこの世を去った経済学者ポール・サミュエルソンの言葉はことに印象的であった。

生前、金融危機が起きた際に、彼は市場主義経済を痛烈に批判した。危機を深刻化させた金融工学を「モンスター」と切り捨て、「人間の心の目を封じた」と断罪した。「規制を緩和しすぎた資本主義は、壊れやすい花のようなもの、自ら滅びかねない」と警告している。

この言葉は非常に興味深い。そもそも西洋文明の原点はギリシャ文明で、さらにその原点は、ギリシャ哲学にある。ギリシャ哲学の中心は、人間の「徳」である。その「徳」は4つあり、「勇気」「正義」「中庸」「節制」であるが、ギリシャの哲学者アリストテレスは、その中心哲学を「中庸」に据えていたのだ。

中国では、アリストテレスより250年も前に『四書五経』が書かれている。四書の一つに「中庸」があるが、中身はアリストテレスの言う中庸の精神と同じである。

「俺が、俺が」という考えに支配され、自分さえよければ、ほかのものなどどうなろうとかまわない――。そんな極端な思考の中に真理はない。サミュエルソンは、言外に「真理は中庸にある」ことを説いているのである。

アダム・スミスは『国富論』の17年前に、『道徳感情論』で「経済の基本は社会の倫理、道徳が確立して初めて機能する」と明言した。経済学の巨匠ジョン・ケインズは、経済学を「モラル・サイエンス」と言った。彼の弟子のジョン・ヒックスも「経済は歴史で考えることが正しい」と述べている。

IISの講演では、このようなエピソードを織り交ぜながら、人間の傲慢さが招いた金融危機を反省し、中庸の精神で行動しなければならないということを述べた。

最後に、スペインの哲学者オルテガの「社会のリーダーたる者は、精神的貴族たれ」という言葉を引用して、今回の金融危機を「まさに100年に一度」の繰り返されざる出来事にすべきだと締めくくって、壇上から下りた。

さて、こんな時代だからこそ、ぜひ読んでほしい本がある。それは経済学の本でも、金融や哲学に関連する本でもない。『藤沢周平全集(全26巻)』である。私はこの全集をすでに2回読んでいるが、それほどに引き込まれる作品ばかりが揃っているのだ。

私が藤沢氏の小説に初めて出合ったのは、デビュー作の『溟い海』だった。40歳を超えてほどなくの頃だったと思う。葛飾北斎が若い安藤広重に嫉妬するさまを描いた作品だが、どこか暗い感じの小説だったことを覚えている。

73年に直木賞を受賞した『暗殺の年輪』あたりから、作風がだんだん明るくなり、物語としても面白くなっていった。

その文体は、簡潔にして明瞭、精緻かつ端正。巧みな文章で綴られた作品は、どれをとっても一つとして手を抜かれているということがない。どの作品も読み進むにつれて、なんともいえない人間の姿、形、香りの高さ、凛とした張りつめた空気が読み手の五感を心地よく刺激してくれるほどだ。まさに、日本で最も文章がうまい作家といってよいと思う。

上杉鷹山のような名の知れた武士だけでなく、下級武士、貧しい者であっても、背筋をきちんと伸ばした人々が描かれている。いわば藤沢作品は、日本という国をつくりあげていった、人間としての誇りをまとった登場人物によって見事につくりあげられているのだ。

妻に対する思いやり、わが子に対する親の真の愛情、そして、息子が父親に対して抱く尊敬の念などが、端正な文体の行間から滲み出るような作品ばかりだ。

代表作の一つ、『蝉しぐれ』では、下級武士の家に生まれた少年藩士が、運命に翻弄されつつ過酷な日々を過ごしながら成長し、やがて自らの運命に立ち向かう。人間はどんなふうに生き抜いていかなければいけないのか。どんなことがあっても、最後まで志を失わずに生き抜いていくことが大切で、その志が「人」をつくっていくことを教えてくれる。

伝記物では、新井白石を描いた『市塵』がある。とにかくどんな不幸な目に遭おうと、自分自身というものを揺るがすことなく生きていく主人公の姿を描写している。

一方、同じ伝記物でも、小説家の長塚節を書いた『白い瓶』や小林一茶を描いた『一茶』は、若干読みにくい。藤沢さんの性分なのか、実在の人物を題材にすると、徹底的に調べ上げ、まるでルポルタージュのような作品に仕上がっている。そのため少々煩雑になってしまう傾向が感じられるのだ。

絶筆作品になった『漆の実のみのる国』では、財政が破綻して貧窮に喘ぐ米沢藩の立て直しに心血を注いだ上杉鷹山と執政たちの姿を描いている。

このような作品を、人の上に立つ者は、一体誰のために、何のために働くのか、そして本当の仕事とは、どういうことなのかといった視点で読めば、経営や仕事の本質をつかむのに非常に役に立つ。流行の経営書や、ハウツー本を読んだりするよりもよほどいいはずだ。

私は、今回の金融危機が起きた理由は世の中が急激に「無機化」してきたからだと思っている。そして、無機化した最大の要因はITというものが世界を席巻したことではないだろうか。人としての情感などまったく感じられない、無機質で安易な情報だけが氾濫する世界。

結果、人々から「歴史観」が失われつつある。歴史とはすなわち人間が長年培ってきた知恵の塊。それがいつの間にかないものとされ、過去の過ちにも多くの人が心をとめることすらなくなった。誰もが本来あるべき価値観を見失い、人間として持つべき「徳」というものもなくしかかっている。

世界を構成する一員として、私たち一人一人が取り返さなければいけないのは、やはり「精神性の高さ」なのだと思う。だからこそ、藤沢作品のように情感溢れる、有機的な文学を読むことを強く勧めたい。

■宇野郁夫氏厳選!「役職別」読むべき本

■部課長にお勧めの本

『志賀直哉(上・下)』阿川弘之著、新潮文庫

志賀を文学の師としてあおいだ著者が、畏敬の念をこめて描いた評伝。志賀の誕生から父との確執、文壇への登場、そして作家としての地位を確立していく、その人間としての成長の様子から学ぶところは大きい。

『わが父ルノワール』ジャン・ルノワール著、みすず書房

画家ルノワールの晩年の会話をもとに書かれた、息子による伝記。生き生きと描かれるルノワールの人生の中に、父への敬愛の思いがにじみ出ている。著者は、映画史にその名を残す映画監督の巨匠。

■若手、新入社員にお勧めの本

『ながい坂』山本周五郎著、新潮文庫

下級武士、阿部小三郎の30年にわたる苦難の生涯を描いた作品。「人の一生は長い。一足飛びにあがるより一歩一歩登ったほうが強い力になる」という作中の台詞が示すように、人間としての生き方の大切さを教えてくれる。

※すべて雑誌掲載当時

(山下 諭=構成 澁谷高晴=撮影)