NYストリートファッションを50年撮り続けたビル・カニンガムのドキュメンタリー日本公開決定

写真拡大

 全米で大ヒットを記録し話題を呼んだファッション・フォトグラファーBill Cunningham(ビル・カニンガム)のドキュメンタリー映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク(原題Bill Cunningham New York)」の日本公開が決定した。ニューヨークの街角で50年にわたって毎日ファッショントレンドを撮影しているビル・カニンガムは、ストリートスナップの元祖的存在。リチャード・プレス監督により10年におよぶ制作期間を経て完成したという本作は、2013年初夏より「新宿バルト9」ほか全国で順次ロードショーが予定されている。

ビル・カニンガムのドキュメンタリー映画上陸の画像を拡大

 ビル・カニンガムは、ニューヨーク・タイムズ紙の人気ファッション・コラム"On the Street"と社交コラム"Evening Hours" を担当する名物フォトグラファー。その鋭いセンスと独自の着眼点は、世界中のファッション・ピープルが注目している。青い作業着に身を包み、ニューヨークのストリートに自転車で繰り出してはスナップを撮り続けること数十年。2008年にフランス文化省から芸術文化勲章オフィシエを受勲した際のパーティ会場でビルは「自分のしていることは仕事ではなく喜び」と語り、また「プラダを着た悪魔」の鬼編集長のモデルとして知られるアナ・ウィンターに「私たちはいつも、ビルのために着るのよ」と言わしめた。84歳の現在でも現役ファッション・フォトグラファーとして影響を与え続けている。

 「ビル・カニンガム&ニューヨーク」は、自分の仕事をこよなく愛し、そしてニューヨーカーたちに愛され続けるビル・カニンガムという希有の人物を通じて、ファッションと街に生きる人々の様子や、人生の普遍的なテーマを追いかけたドキュメンタリー。リチャード・プレス監督が8年がかりで撮影交渉し、撮影と編集に2年、通年10年の制作期間を経て完成した。ニューヨークに暮らすビルと周囲の人物、ファッションと街に生きる人々の様子が鮮やかに描き出されている本作は、ニューヨークの1館の映画館で公開されてから人気に火がつき全米で大ヒット。世界中の映画祭で観客賞を受賞し、アメリカの映画レビューサイトRotten Tomatoesで満足度が99%を記録している。