東京都を目指しクラシックカーが走行 「RALLY NIPPON 2012」開催

写真拡大

クラシックカーラリーイベントを開催・運営するラリーニッポンは11月3日から11月6日の4日間、今年で4回目を迎えるクラシックカー ラリーイベント「RALLY NIPPON 2012(ラリーニッポン 2012)」を開催する。

2009年に始まった同イベントは、日本中に点在する世界遺産や文化遺産をクラシックカーでまわり、歴史や文化、そして日本の美しさを国内外に発信することを目的としている。

4回目を迎える今年は、スタート地点を京都にし、東京へ向かうという例年とは逆のコースを走行。

約80台のクラシックカーが、京都の上賀茂神社をスタートし、各地で観光客や地域の人と触れ合いながらゴールである東京・靖国神社を目指す。

なお、通過経路は、1都1府8県(京都府・滋賀県・福井県・三重県・岐阜県・長野県・静岡県・山梨県・神奈川県・東京都)で、約1,000キロの道のりとのこと。

また、今年もラリーニッポンの運営の一部を、東京大学と関東工業自動車大学校で構成される「海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト2013」がサポート。

かわりに、同プロジェクトの目的である「海外ヒストリックラリー参戦」に向けたテストドライブの場や、資金集めのためのプレゼンテーションの場を提供するという。

コースなど詳細は、同イベント公式サイトを参照のこと。