Skypeを使った英語学習サービス「産経オンライン英会話」オープン

写真拡大

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営などを行っている「産経デジタル」と、教育事業などを行っている「ヒューマンホールディングス」、アウトソーシングサービスの提供などを行っている「トランスコスモス」の3社は、オンライン外国語会話サービスの提供を行う合弁会社「産経ヒューマンラーニング」を7月24日に設立。

Skypeを利用して行う英会話サービス「産経オンライン英会話」をプレオープンした。

同サービスは、1レッスン(25分)129円からのマンツーマン英会話。

Skypeを活用する学習システムのため、PCとWEBカメラ、ヘッドセットがあればどこでも受講することができる。

また、レベル・目的に合わせた無料のオリジナルテキストを使用。

講師には、5段階の選考をクリアした講師のみを採用し、ネーティブスピーカーによる英語力チェック、表情、発音などの会話スキル、指導スキルなどのチェックを通過した人だけが、講師となれる仕組みになっているという。

さらに、早朝(6:00から10:00)から夜中(18:00から25:00)までいつでも受講が可能なので、出勤前や就寝までのちょっとした空き時間を利用するなど、ライフスタイルに合わせて利用することができる。

予約は30分前まで受け付けているとのこと。

なお、プレオープン期間は、18:00から25:00までのみ開講。

早朝の開講は、本オープン後の予定となっている。