東京都お台場で、本場ベルギーの「フルーツビール」を楽しむイベント開催

写真拡大

東京都・お台場のイベント会場「東京カルチャーカルチャー」(東京都江東区青海1丁目3-11 Zepp Tokyo2F)は11月29日、5種の”フルーツビール”と2種の”ノンアルコール・フルーツビール”を楽しむイベント「お台場フルーツビールフェスタ」を同会場にて開催する。

同イベントでは、木イチゴを漬け込んで熟成させた”フルーツビールの女王”と呼ばれる「ブーン・フランボワーズ」(500円)や、ホワイトビールにストロベリー・ラズベリーなどのフルーツジュースをブレンドした「ボスクリ」(300円)など、本場ベルギーを代表する5種類のフルーツビールを飲み比べることができる。

また、割り材メーカーの博水社が販売している、アルコール0.00%のノンアルコール・フルーツビール「ハイホップシャルドネビア テイスト」と「ハイホップレモンビア テイスト」(各300円)も登場。

お酒を飲めない人向けにだけでなく、ワインと割ってスプリッツァー風(白ワインをソーダで割ったカクテル)としても提供するという。

そのほか、「ムール貝の白ワイン蒸し」や、ベルギー風フライドポテト「フリッツ」など、ベルギーの郷土料理や、カカオ分が高く苦味の強さが特徴で、フルーツビールと相性の良い「ベルギーチョコレート」などのフードも用意されている。

さらに、ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局局長ダミアン・ドーム氏と、ベルギービール名誉騎士の称号を持つ、ベルギービール広報センター代表佐藤ひとみ氏の2人をゲストとして迎え、ベルギーのフルーツビールの魅力を紹介するトークショーも開催する。

なお、同イベントは入場券が必要(各フルーツビール、フード類は別途料金)。

前売り券は1,500円、当日券は2,000円で、いずれも博水社商品などのお土産が付いてくるとのこと。