この猫はどんな猫!? 猫種を学んでみよう (10) 毛がカールした珍しい猫 -コーニッシュレックス

写真拡大

■コーニッシュレックスの歴史全身を覆うカーリーヘアが特徴的なコーニッシュレックスは、イギリスを原産国とする猫種です。

「レックス(Rex)」は、この猫によく似た被毛を持つ、突然変異種の巻き毛のウサギ「アストレックス・ラビット」に由来します。

1950年、英コーンウォール州の農家で飼われていた短毛の猫が、全身の被毛がカールした突然変異の雄猫を産みました。

「カリバンカー」と名付けられたその猫を、成長したのちに母猫と再交配させたところ、再び何匹かの縮れ毛の猫が産まれました。

その後、カリバンカーの子どもたちはイギリスで、バーミーズやブリティッシュショートヘアなどの猫と交配されます。

1957年にその子孫がアメリカに渡ってからは、シャムやオリエンタルショートヘアとの交配が行われます。

ドイツでも同様の突然変異種が確認され、アメリカでの交配に用いられたと伝えられています。

品種として確立され、1967年に公認されています。

コーニッシュレックスの被毛は劣性遺伝であり、両親がこの遺伝子を持っていなければ、被毛のカールした猫は生まれません。

優美で洗練されたフォームと、ユニークなカーリーヘアを持つコーニッシュレックスは、いまやキャットショーでも人気の猫種となっています。

■コーニッシュレックスの特徴と性格コーニッシュレックスの最大の特徴は、頭から爪先までくるくるとカールしたその被毛にあります。

短い巻き毛が密集した被毛は「ビロードのよう」とも称されるほどになめらかで、手触り抜群です。

体形は細身で、小さな顔に大きな耳を持ち、“ローマンノーズ”と呼ばれる貴族的な高い鼻が特徴です。

四肢は細く長く、ボディーはよく引き締まり筋肉質です。

性格は大胆で行動的。

好奇心旺盛で、人間が大好きな猫です。

頭も良く、あまり人見知りをしないので、すぐに飼い主になつきます。

■飼うなら…運動量は多い方です。

十分に遊べるスペースを確保しましょう。

年を重ねると代謝が落ち太りやすくなりますので、スリムな体形を維持するために適切な量の食事を与えましょう。

被毛にはカバーコートがなく量も少ないため、寒さに弱く、室温の管理は必須です。

また被毛は細く切れやすいため、強いブラッシングは避けましょう。

軽いグルーミングで十分です。

寂しがりやでもありますので、親密なスキンシップを心掛けてあげてください。

■画像提供元ペットショップ「COO&RIKU」