セーヌ川をトランポリンで飛び跳ねながら渡る! パリの「トランポリン橋」が超楽しそうざんす!

写真拡大

華の都、フランスはパリ。そのセーヌ川にあるアイデアが持ち上がっています。それはドーナツ型の巨大なトランポリンを3つつなげものを橋として川に架けるというもの。人々はピョーン、ピョーンと飛び跳ねながら、橋を渡っていくんです!

このユニークかつ奇想天外な橋を考え出したのは、デザイナーのAtelier Zundel Cristea氏。パリの新しい橋のデザインコンペに応募されたものだそう。画像はコンペのために作られた合成だと思われますが、それでも見ているだけでウキウキとした気分になってきちゃいます。

トランポリン部分はメッシュ素材になっていて、下に広がる川を一望! 空中を飛びながら散歩している気分になれそうです……というか、その表現もあながち間違ってはいませんね。ドキドキ感たっぷり、爽快感バツグンでさぞかし気持ちがよいことでしょう! そして、トランポリンと川の後ろに見えるはエッフェル塔! このフランスでしか見られない光景ももちろん、このトランポリン橋の魅力です。

もしこの企画が実現したら、パリの新しい観光名所として大注目されること間違いなしですよね! 記者もとっても行ってみたいです。日本でも、どこかの会社が作ってくれたら面白いのに。東京スカイツリーをバックに隅田川をトランポリンで飛び跳ねながら渡る……なんていかがでしょうか?

うーん、でもフランスだからこそオシャレ感が増すのかもしれません。次はぜひともトランポリン橋完成のニュースをお伝えしたいものです。

(文=鷺ノ宮やよい)

参照先:newslite(http://goo.gl/WM2m3)


画像をもっと見る