鳥取県米子からポップカルチャー発信。無料バスも運行「ヨナゴワンダー!」

写真拡大

鳥取県米子(よなご)市は11月1日から11日まで、アートイベント「〜街がテーマパークになる〜YONAGO WONDER!」を米子市の中心地街で開催する。

同市によると、今年は「第13回国際漫画サミット鳥取大会」「第二次米子映画事変」「とっとりまんがドリームワールド」など、多彩なアートイベントが開催されるという。

その中でも特にイベントが集中する期間を「YONAGO WONDER!」とし、無料でバスを運行するなどの支援を行う。

米子市循環バス「だんだんバス」はイベント期間中、無料で利用できる。

米子駅から出発し、米子港、ホープタウン、天満屋入口などを循環し、約50分かけて米子市内を1周。

イベント開催中、様々な会場に出掛けるのに便利だ。

代表するイベントは下記の通り。

今年のテーマは「食と海」。

国内外から約400名の漫画家が集まり、作品展示、サイン会、トークショーなどを行う。

また、プロの漫画家の作業現場が生で見られる「公開アトリエ」も実施する。

開催日は11月7日から11日で、時間は10時から18時。

会場は米子コンベンションセンターBIG SHIP。

同イベントでは、鳥取県出身の漫画家、水木しげる氏、谷口ジロー氏、青山剛昌氏の作品を体験できる。

また、あわせてステージイベントも実施。

10月20日から11月11日の9時30分から18時まで開催する。

会場はどらドラパーク米子市民体育館。

グランドオープンは11月3日から11日まで。

米子市商店街エリアで、自主制作映画の上映、大特撮巨編「ネギマン」続編の上映などを行う。