理系のための恋愛論 (458) 女子の「つながっていたい」欲求

写真拡大

「女の子って、メールをたくさん送ってくるよね」と思ったことのある男子は多いはず。

しかも長文。

時には自分と友だちや、ランチに食べた食事、行った先の写真つき……。

なんといって返せばいいのか困ってしまい、後でよく考えてから返信しようと寝かせておくと、今度は、「どうして返事くれないの? 」的なメールが「早っ! 」と言いたくなるタイミングできてしまった。

また、「女の子って電話が好きだよねー。

しかも用件をサッと伝えるのではなく、関係のない話もずーっとしていないか? 」と言いたい気持ちになった男性もきっとたくさんいらっしゃることでしょう。

というわけで、ついつい「あー」と気のない相づちを打ってしまったり、「ごめん、出先だから」と本当は家にいるのにウソをついてしまったり……という男子は後を絶たないことでしょう。

その他、女の子と秋葉原に買い物にきたのはいいけれど、「疲れた」というのでカフェに寄ったら、そこで長話が始まって一向に席を立とうとしなくなってしまった。

飲み会や仕事の帰り道、こちらは疲れて早く帰りたいというのに、上司や同期のウワサ話、時にはグチなどを立ち話で延々と聞かされるハメに陥った。

LINEやSkypeで「ちょっと」と飛んできたので「どうした? 」と返すと、そこからずーっと職場や学校の人間関係の悩み話が始まってしまい、返すのも面倒になってしまった。

というような経験をした男子も多いと推察されます。

こういった、女の子の伝えたい、話したい、つながっていたい欲求と男子はどのように付き合っていけばいいのか。

今日はこの問題について考えていくことにいたします。

結論から先に言ってしまいますと、女の子からの1日に10件以上のメールにもササッと要領よく返せるほうがいいですし、女の子のおしゃべりにもうまく付き合ってあげられる男性は、長〜い目でみると、女の子とうまく楽しく付き合っていける。

恋愛関係になっても、交際が長続きする傾向が強まるといっても過言ではないと思います。

ですから、できれば女の子からの頻繁なメールや電話には付き合ってあげたほうがいいですし、丈夫に対応してあげてほしいとところです。

普段から女の子のメールや電話、長話に根気よく、きちんと対応しておけば、いざというときに、「ごめん、今仕事中」「クライアントの人と一緒なんだ」という返しても、女の子のほうが気を遣って、「ごめんね〜」となり、少しの間はしつこくなくなるはずです。

とはいうものの、やっぱり自分は頻繁なメールや電話、立ち話にはうまく対応できない……という人も多いことでしょう。

そんなときはぜひとも、周囲の友人男子で、女の子のおしゃべりに上手に対応できる人のことをジーッと観察してみてください。

同級生の△△、予備校の帰りにいっつも30分とか1時間とか女の子と立ち話してたよなぁ。

同期の××、よく女の子と一緒に帰っているみたいだし、駅前のカフェにいるところを見かけるなぁ。

そんな男子に思い当たるフシがあったら、彼にはどんな特徴があるのか、自分とはどこがどう違うのかを見比べてみるといいかもしれません。

具体的に、こういった女の子の長話に対応できる男性の特徴をあげてみますと、男子だけれども、職場でコーヒーやお茶をいれている姿、社食や学食でみんなの飲み物を運んでいる姿にまったく違和感がない。

ケータイメールを打つスピードがとてつもなく早く、きちんと返信をしているらしい。

飲み会の席などで電話がかかってくると、「ごめん」と席を外してちゃんと電話に出てにこやかな笑みで対応している。

女の子の言うことに対して、意見や批評を返さない。