ルイ・ヴィトン銀座並木通り店にウォッチ&ファインジュエリーサロン設置

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が、「ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店」を11月3日にリニューアルオープンする。1階と2階にウォッチ&ファインジュエリー サロンを設置。日本、韓国、イギリスのアーティストによる厳選された現代アート作品も展示されるなか、「LOUIS VUITTON」のウォッチとファインジュエリーの最新コレクションが揃う。

ルイ・ヴィトン銀座並木通り店がリニューアルの画像を拡大

 1階は、華やかなウィンドウディスプレイと重厚でシックなエントランスに一新。扉を開くと、"旅の真髄(こころ)"を感じさせる「LOUIS VUITTON」の歴史的なアンティークトランクが現れる。店内は、フランス人デザイナーのグエナエル・ニコラ氏が手がけた和の要素を取り入れたコンテンポラリーなインテリアデザイン。不揃いのガラスで飾られたモノグラム・モチーフとファインジュエリーの輝きが調和した、ラグジュアリーな空間が広がる。また、2階には希少な素材を用いた最高級のレザーグッズとハイジュエリー、現代アート作品を展示。新たにブライダルスペースも設けられている。

 「ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店」は、日本初の直営店として1981年にオープン。以来、何度かの増床・リニューアルを経て、創業150周年を迎えた2004年に建築家の青木淳氏によるデザインで「LOUIS VUITTON」のビルとして立て替えられた。2012年5月には、地下1階のメンズフロアと5階の多目的フロアをリニューアル。エクスクルーシブな空間で最高級レザーを用いて好みのアイテムを作ることができる、日本初のメンズシューズの「メイド・トゥ・オーダー」とレディースバッグのオーダー・サービス「オートマロキヌリ」をスタートした。