かちかちチーズ、しなびたなす……。食材をよみがえらせるコワザ




しなびた野菜に硬くなったチーズ、かちかちのパンなど「ちょっとくたっとなってきたかな……」という食材をよみがえらせる方法を知っておくと便利です。



糖尿病専門クリニックで食事の個人指導を行う、管理栄養士の西山和子(にしやま・かずこ)さんにその方法をお伺いしました。



■食材1 しなびたなすをおいしく食べるには?



野菜室の中で少ししなびた感が出てきたなすを、しゃきっとよみがえらせることはできるのでしょうか。

「しなびたなすのへたを切り取り、水の入ったコップに、切り口を下にして半日ほど浸けておきます。蘇生したなすは、傷みが早いので早めに使いきってください。種の部分が黒くなってしまったなすは、みそ汁にしてさっさと食べきりましょう」(西山さん)



■食材2 かちかちになったチーズにはブランデーをふりかける?



チーズはしばらく放置していると硬くなり、味を損ねてしまいます。

「硬くなったチーズは、密閉容器に入れてブランデーかウイスキーをふりかけます。ふたをして2〜3日チルド室に置いておくと、柔らかく香り高いチーズになります。



チーズは一定した温度で乾燥しないように保存すると長持ちします。密閉容器に入れ、チルド室で保存するとよいでしょう。



また、硬くなったときは、細かく切って野菜といためて卵でとじ、イタリアンオムレツにすると食べやすくなります」(西山さん)



■食材3 しなびたほうれん草には酢と砂糖?



葉の色が変わりかけてきた、へなへなのほうれん草を元気にするには?

「大きめのボウルに水を張り、酢と砂糖を各大さじ1ずつ入れます。そこにしなびたほうれん草を浸すと、酢の殺菌力と砂糖の浸透圧で、数分後にはしゃっきりとしてきます」(西山さん)



■食材4  大根おろしの辛さは調整可能?



大根の辛みの強さはさまざまですが、大根おろしの辛味を調整できる方法とは?

「辛みをおさえた大根おろしをつくりたいときは、皮を厚めにむき、おろす前に大根をぬるま湯に3〜4分浸けておきます。それでも辛いときは、できた大根おろしに酢を少々落とします。 



また大根にラップをかけ、ほんのり温まるくらいにレンジで加熱してからおろすと、甘みが引き立ち、辛さをおさえることができます。



おろし方によっても辛みを調整することができます。辛みを控えたいときは、『の』の字を書くようにして、ソフトな手つきでおろします。そうすると、繊維を壊して水分がたくさん出るため、辛み成分が多く溶け出します。ざるで水気を切ってから食べましょう。



また、辛みがほしいときは、大根を直角に立てて力を入れておろします。おろした後の時間の経過でも辛みが変わり、3〜7分後が辛いと言われています」(西山さん)



■食材5 こちこちになったパンはフライパンで蒸し焼き?



ハード系もソフト系も、最後までパンをおいしく食べる方法とは?

「食パンが1枚だけ乾燥していたら、ほかのパンの間に挟んでビニールの口をしっかりと閉じます。乾いたパンにもほかのパンの水分が広がり、ふんわり感が戻ります。



フライパンを使う方法もあります。こちこちになったパンをフライパンに入れて、周りから少量の水を加えて弱火にかけます。ふたをしてしばらく蒸し焼き状態にすると、ふっくらとします。



フランスパンなどハード系のパンは、電子レンジで15〜30秒加熱してから、オーブントースターで3〜5分ほど焼きます。表面かりかり、中はもっちりの食感がよみがえります」(西山さん)



■食材6 べちゃべちゃの天ぷらはコンロで焼く?



スーパーで買ってきた天ぷらを、レンジでチンしている人も多いはず。

「コンロに網を置いて、表面にちょっと焼き色がつくまで焼いてみてください。さくさく衣のおいしい天ぷらに生まれ変わります。オーブントースターで、海老の天ぷら2匹なら3〜5分ほど焼くのもいいでしょう」(西山さん)



■食材7 アボカドを切ったらまだ硬かったときは?



食材よみがえりとは違いますが、最後に西山さんからもう一つ、若いアボカドを食べやすくする方法のご提案です。

「切り口にレモン汁を塗り、断面だけにラップをかけます。バナナ1〜2本と一緒に、密閉できるチャック付き袋に入れ、常温に置くと5日〜1週間くらいで食べごろになります。



火を通す料理なら、スライスしたアボカドと豚肉、きのこなどの野菜を入れたいため物や、縦半分にカットしてとろけるチーズをのせ、オーブントースターで焼いたアボカドグラタンなどはいかがでしょうか」(西山さん)



さらに、西山さんはこうアドバイスを加えます。

「食材を無駄にしないためには、買ってきてすぐの冷凍庫保存がポイントです。野菜などはゆでて、1回分ずつラップして密閉袋に、パンやチーズなども乾燥しないように冷凍しておくと、風味も逃げずにおいしく食べられます」



水分を足すか減らすかで、おいしさを取り戻せる食材も多いようです。どれも簡単な方法なので、生ゴミだと捨ててしまう前に早速試してみませんか。



監修:西山和子氏。糖尿病専門クリニック勤務の管理栄養士。糖尿病、生活習慣病、メタボリックシンドロームの患者さんを対象に、パーソナルな食事指導にあたっている。



(永瀬紀子×ユンブル)