米トミーバハマ上陸 バー&レストラン併設1号店を銀座に出店

写真拡大

 アメリカのライフスタイルブランド「Tommy Bahama(トミー バハマ)」が、日本に初進出する。100店舗以上を展開する本国以外では初となるバーとレストラン併設の1号店を2013年春、銀座に出店。日本市場への参入は「アジア地域での店舗展開戦略における大変重要なステップ」(トミーバハマインターナショナル社 シニア・マネージング・ディレクター)と位置付け、ファッションと食の両方を提供するショップを通じて和やかでリラックスしたブランドの世界観を発信する。

トミーバハマ日本初進出 銀座に1号店の画像を拡大

 1992年にスタートした「Tommy Bahama」は、「Make Life One Long Weekend(=日々を長い週末のように)」をコンセプトに、メンズとウィメンズのウェアからデニム、スイムウェア、シューズ、アクセサリー、本格的なインテリアコレクションまで幅広いアイテムを展開。近年ではアメリカ以外に今年4月にマカオ、5月にシンガポールに直営店をオープンしており、12月には香港にも新店舗を出すなどアジア進出に力を入れている。

 日本1号店「トミー バハマ銀座店」は、店舗面積557平方メートルで地上1階から2階までの2フロア構成。1階にオリジナルアイテムを取り扱うショップとバー、2階にはショップとレストランを併設する。日本を含むアジア市場のためにシルエットやディテールを再構成するアパレルとスイムウェアをはじめ、シルクのアロハシャツや豊富なプリントドレスといった「アイランド・ライフスタイル」を代表するアイテムをラインナップする予定。トミー バハマ グループ社のCEOテリー・ピローは開業に向けて、「ブランドの洗練されリラックスした世界観を、日本でも銀座のロケーションで展開できることを喜んでいます」とコメントしている。

■トミー バハマ銀座店
 住所:東京都中央区銀座7-10-1