アルター、アクションRPG『朧村正』より「紺菊」を1/8スケールで立体化

写真拡大

アルターは、絢爛な絵巻物のようなアクションRPG『朧村正』より、伏見の美しい化け狐「紺菊」を1/8スケールのPVC塗装済み完成品フィギュアとして立体化。

発売は2013年2月の予定で、価格は9,660円。

「紺菊」の提灯を携えた、艶やかで麗しい立ち姿を立体化した本作。

色鮮やかな紅葉柄の着物はパール塗装が施され、独特な光沢感が魅力的な彼女のプロポーションを引き立てる。

提灯はLED内蔵で点灯させることが可能。

青白く幻想的な光で、作品の世界観をより一層に楽しむことができる(LEDの点灯にはボタン型電池が必要。

電池は別売り)。

原型製作は福元徳宝氏が担当。