ディズニーのルーカスフィルム買収で話題沸騰中の『スター・ウォーズ』第7作。公開は早くて2015年といわれているが、これまでシリーズを手がけてきたジョージ・ルーカス監督が「今後は新たな世代に任せたい」と話しているのを受け、<Huffington Post>が早くも監督候補を挙げている。

候補の1人、ゴア・ヴァービンスキー監督

ジョス・ウィードン
ファンを満足させる作品を作りそうなウィードン監督。だが『アベンジャーズ2』で多忙そうだ。だけど『スター・ウォーズ』第8作という道もある!

ゲンディ・タルタコフスキー
『スター・ウォーズ』を題材にしたTVアニメ映画『スター・ウォーズクローン対戦』でファンからも人気。

エドガー・ライトと(もしくは)ジョー・コーニッシュ
ライト監督も期待できそうな1人。だがマーベル&ディズニーの別プロジェクト『アントマン/Ant-Man』にかかりきりなので、彼とよくタッグを組むジョー・コーニッシュにも可能性が?

ジョセフ・コシンスキー
鳴り物入りだった監督作『トロン:レガシー』が芳しくなく、今度はトム・クルーズ主演の新作『オブリヴィオン/Oblivion』(全米公開は2013年4月19日、ユニバーサル・ピクチャーズ)を手がけることに。果たしてディズニーはどう出るか?

スティーヴン・スピルバーグ
ルーカス監督やキャスリーン・ケネディ、ディズニーとの関係がある大御所。2005年の『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』にも少しだけ参加しているなど期待が高まるが、別のプロジェクトで多忙の様子。

ティム・バートン
ディズニーとの関係も深いバートン監督。だが『ダーク・シャドウ』や『フランケンウィニー』といった今年公開の作品がコケたので微妙なところ。だが彼が監督になれば、妻のヘレナ・ボナム=カーターの出演もあるかも(あくまでも希望的観測)?

ロン・ハワード
壮大なスペクタクル作品を好むハワード監督。だが彼には『スター・ウォーズ』ではなく『ザ・ダーク・タワー/The Dark Tower』という新作が待機している。

ロバート・ゼメキス
新作『フライト/Flight』で華麗にカムバックしたゼメキス監督。だが本人は「大作を作るのに疲れた」そう。

パティ・ジェンキンス
かつてディズニー&マーベルの映画『マイティ・ソー2』の監督候補だったジェンキンス監督。製作における方向性の違いからこちらは見送りとなったが、離脱はあくまでも友好的なものだったとか。よって、可能性あり?

ブラッド・バード
『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』が大成功。だが現在はデイモン・リンデロフ監督と新作『1952』に取りかかっているため、可能性は低そう。

コリン・トレボロウ
こちらはダークホース。インディー映画『セイフティー・ノット・ギャランティード/Safety Not Guaranteed』の監督なのだが、シリーズに新しい風をもたらすかも?

M・ナイト・シャマラン
かつては「次のスピルバーグ」といわれていたシャマラン監督。今度は「次のルーカス」になるのか?

アンドリュー・スタントン
評論家からは彼の作品(で大コケ作)が「『ジョン・カーター』はルーカス監督が作ったことのないような『スター・ウォーズ』の最高のプリクエル(前日譚)だ」の声も。ディズニーは同作でかなりの損失をこうむったようだが、スタントン監督のことは気に入っているようだ。ジョー・ジョンストン
『スター・ウォーズ/帝国の逆襲特別篇』にも関わっていたジョンストン監督。『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の監督も務めている。

ジョン・ファヴロー
ディズニーパークで迷子になった家族が主人公の『マジック・キングダム/Magic Kingdom』に取りかかっているファヴロー監督。その流れで...。

アンソニー・ヘミングウェイ
ルーカスが製作総指揮を務めた戦争映画『レッド・テイルズ/Red Tails』の監督。

F・ゲイリー・グレイ
『交渉人』のグレイ監督をお忘れなく! 彼はディズニー&マーベル作品『キャプテン・アメリカ:ザ・ウィンター・ソルジャー/Captain America: The Winter Soldier』(『キャプテン・アメリカ...』の続編、2014年公開予定)の監督候補でもあった。

ゴア・ヴァービンスキー
チューバッカ役はジョニー・デップってことで。

ディズニーがルーカスフィルムを買収、シリーズ第7作は2015年に公開?