楽天銀行、口座ログイン後の”不正な画面表示”で不正出金が発生

写真拡大

楽天銀行は、楽天銀行口座にログインした後に、同行の正式な画面に不正な画面を表示し、顧客の合言葉・暗証番号を入力させようとする事例があり、この事象に起因すると思われる不正出金も発生しているとして、注意を呼びかけている。

同行では、ログインした後に下記のような画面を表示して、顧客に情報を入力してもらうことはない。

「合言葉」と「暗証番号」を同時に入力してもらうこともない。

登録した「合言葉」を複数同時に入力することはない。

同行は、このような画面が表示されても、顧客の情報の入力は絶対に行わないよう呼びかけている。

万が一、このような画面に入力をしてしまった場合は、ただちに「楽天銀行カスタマーセンター」まで連絡することを要請。

また、上のような画面が表示される場合、顧客のパソコンがウィルスに感染している可能性が高いと思われる。

すでにウィルスに感染してしまっている場合は、自身でのウイルス駆除を呼びかけている。