「ピーク時」の1日当たりTwitter・Facebook投稿数比較(Yahoo!リアルタイム検索より、数値は本文参照)。iPadの圧倒的な人気がうかがえる

写真拡大

iPad mini(アイパッド・ミニ)と第4世代iPadが2012年10月24日発表されてからの1週間、日本はITの話題で持ちきりとなった。

アマゾンのKindle(キンドル)、マイクロソフトのWindows(ウィンドウズ)8、そしてグーグルのNexus(ネクサス)10――これら新製品・サービスの中で、ネット上で最も「注目」されたのは、実際のところどれなのか。各種検索サービスなどから調べた(数字はいずれも10月31日時点)。

Window 8とKindle「瞬間風速」ほぼ互角

日本国内のTwitter(ツイッター)およびFacebook(フェイスブック)の投稿を検索する「Yahoo!リアルタイム検索」のデータによると、「iPad」「Kindle」「Windows 8」「Nexus」の各キーワードを含む投稿数は、ピーク時の1日当たりで、

iPad:158424(25日)
Kindle:49994(26日)
Windows 8:54749(27日)
Nexus:26630(25日)

という数字となった。アイパッドが圧倒的な強さを見せつける一方で、ウィンドウズとキンドルは接戦を繰り広げた。グーグルのネクサスは、肝心の新モデル「ネクサス10」発表日(30日)よりも、アイパッド・ミニ発表(25日)の際に競合製品として話題に上った回数の方が多く、いささか存在感が薄いようだ。

なお端末名にキーワードを絞ると「iPad mini」の83165件に対し、「Kindle Fire」「Kindle Paperwhite」はそれぞれ9970件、7619件、「Nexus 7」「Nexus 10」は1万9939件、9006件だった。

「話題継続度」Windows 8に強みあり

ソーシャルメディア検索「TOPSY」による過去7日間の累計日本語ツイート数でも、「iPad」は約23万5000件とトップに。ただ「Windows 8」も18万9000件とこれに拮抗しており、話題の継続度ではウィンドウズ8にも強みがあるようだ。「Kindle」は11万7000件、「Nexus」は3万4000件だった。

キーワードごとにグーグルでの検索回数を相対表示する「グーグルトレンド」もおおむねこれに近い結果だ。「iPad」のピーク時(24日)の検索ボリュームを100とした場合、「Windows」は53(26日)、「Kindle」は43(25日)だった(Nexusについては発表が近いため有意な数字得られず)。

こうした結果を見ると、話題度では1位アイパッド、2位ウィンドウズ8、3位キンドル、4位ネクサスと言ってよさそうだ。アイパッドの首位はとにかく、パソコン界の「王者」ウィンドウズに「新興」キンドルが想像以上に肉薄した印象で、電子書籍への期待の高さがうかがえる。グーグル「ネクサス7」「ネクサス10」は、消費者への関心拡大が今後の課題のようだ。