愛知県岡崎市にロンギヌスの槍? 「ヱヴァンゲリオンと日本刀展」を開催

写真拡大

愛知県岡崎市の岡崎公園では12月1日から2013年2月17日までの期間、「ヱヴァンゲリオンと日本刀展」を開催する。

同イベントは、ヱヴァンゲリヲン新劇場版最新作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の公開に合わせた企画。

日本の伝統工芸の集合体である日本刀が、ヱヴァンゲリヲンの世界とコラボレーションする。

今回の新作18点は、日本古来の伝統的な技法を用い、2次元のアニメーション中に存在する刀剣の世界を3次元で具現化したもの。

さらに昔から伝わる刀匠の作品・甲冑(かっちゅう)などもあわせて展示する。

今回は、「三河武士のやかた家康館(第1会場)」と「岡崎城(第2会場)」の2会場で実施する。

三河武士のやかた家康館ではセカンドインパクト短刀や零号機仕様の脇指(龍と槍)、 マゴロクソード(刀)、カウンターソード(脇指)などを展示。

岡崎城ではロンギヌスの槍やプログレッシブナイフ、エヴァンゲリオン初号機型(かぶと)などを展示する。

開館時間は9時から17時まで。

休館日は12月29日から31日。

三河武士のやかた家康館の入場料は大人350円、小人200円、岡崎城は大人200円、小人は100円。

両館共通利用券は大人500円、小人270円。