本を毎月1冊以上読む人は49%、電子書籍経験者は25% -読書に関する調査

写真拡大

マーケティングリサーチを手掛けるライフメディアは31日、「読書に関する調査」の調査結果を発表した。

同調査は、同社が運営するアンケートサイト「ライフメディア」にて10月19日〜24日に行われたインターネット調査。

10代〜60代の全国男女から1,392件の回答を得た。

「平均してどのくらい本を読むか(雑誌・漫画・電子書籍等は除く)」と聞いたところ、もっとも多かったのは「1カ月に1冊程度」の16.6%。

以下「1年に1冊未満」(14.8%)、「週に1冊程度」(13.4%)、「2〜3カ月に1冊程度」(12.8%)と続いた。

1カ月に1冊以上本を読む人は半分以下だった。

1年に1冊以上本を読んでいる人に「読書をするのはどんなときか」を聞いたところ、「自宅でくつろいでいるとき」が62.9%、「暇なとき」が46.4%、「寝る前のベッドや布団の中」が33.5%となった。

「普段読む本はどのように入手するか」との問いには、51.7%が「総合的な品ぞろえの大型書店で購入」と答えた。

「インターネットで購入」する人は42.2%、「図書館で借りる」人は34.1%だった。

「電子書籍を利用したことがあるか」との問いには、71.8%が「利用したことがない」と答えた。

「電子書籍を知らない」人も3.7%いた。

男性と女性を比べると、男性のほうが電子書籍利用経験者が多かった。

電子書籍利用経験者に「今後、紙の本と電子書籍のどちらを使用したいか」と聞いたところ、「紙の本」が28.4%、「どちらかといえば紙の本」が31.6%だった。

対して「電子書籍」は5.0%、「どちらかといえば電子書籍」は7.0%となり、電子書籍利用経験者でも、紙の本を中心に利用したいという人が多かった。

同調査の詳細は「リサーチバンク」で閲覧できる。