20〜30代のOLたちの等身大のファッション誌として、絶大な人気を誇る『MORE』。トレンドを取り入れたおしゃれなお仕事スタイルは、働くときにも可愛らしさを忘れたくない女性たちのバイブルとも言えます。

 そんな本誌が、今年で創刊35周年を迎えました。新しいキャッチコピーは、「24時間をハッピーコーデ。」。読者の毎日がよりハッピーに包まれるように、ファッションや美容だけでなく、仕事や料理や結婚、さらにはマネーなど生活に関わる情報も掲載されています。

 毎日の「ハッピー」をより読者に提案していくために、販売元である集英社は期間限定の特設サイト「24時間をハッピーコーデ。」を10月27日にグランドオープンしました。

 アクセスした時間にふさわしいMOREモデルのコーディネート場面が次々と紹介される「MOREモデルのハッピーコーデセレクション」や、読者のハッピー体験を"ハッピータイムPhoto"として投稿する「みんなのハッピーアルバム」など、読者参加型のサイトとなっています。すでに投稿欄にはネイルの写真や美味しいスイーツの写真など、見ているだけでハッピーになれるような写真がずらりと並んでいます。

 こういった誌面だけにはとどまらない読者コミュニティは、新しい展開に繋がるはず。例えば、数年前に「食べるラー油」が全国的ヒットになったのも、雑誌『MART』の読者コミュニティがきっかけでした。MOREモデルや編集部、そして読者が一緒にサイトを作っていくという新しい試みをしている本サイトからも、新しいブームが生まれる可能性大です。

 さらには、「ハッピータイムPhotoキャンペーン」として、12月10日(月)までにサイトに写真を投稿した人の中から、SUZUKIの新型ワゴンRなどの豪華賞品が当たるキャンペーンを実施中。他にも賞金がもらえるキャンペーンも行っているので、『MORE』と一緒に24時間のハッピーをつくってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
MORE「24時間をハッピーコーデ。」
http://more-happy.jp/



『原宿女子 (光文社女性ブックス VOL. 141)』
 著者:
 出版社:光文社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
戦国時代の草食系男子? 「木偶の坊」と揶揄された武将・成田長親
湊かなえ作品またも映画化 小学生6人が見た「悲しい事件」
映画「ツナグ」の原作者・辻村深月のターニングポイント


■配信元
WEB本の雑誌