映画『HUNTER×HUNTER』主題歌はゆず×前山田健一、ゲスト声優に川島海荷!

写真拡大

2013年1月12日より全国公開予定のアニメーション映画『劇場版HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〜』のゲスト声優と主題歌を歌うアーティストが1日、明らかとなった。

劇場版のキーパーソンである「パイロ」を演じるゲスト声優は、アイドルグループ「9nine(ナイン)」に所属し、女優としても活躍する川島海荷。

アニメ作品で声優を担当するのは4度目になるが、男の子役を演じるのは初めてということで、「男の子役を担当するということは衝撃でした! 未知の世界なので楽しみです。

練習をしっかりして男の子の声に挑みたいです!」とやる気充分。

パイロは、原作者の冨樫が約10年前からキャラクターとして設定しており、人気キャラクター・クラピカの親友として登場する。

そして本作の主題歌「REASON」を歌うのは、国民的アーティストである「ゆず」。

今回の楽曲は、アニメソングやアイドルへの楽曲提供を数多く手がけ、ニコニコ動画では”ヒャダイン”としても人気を博している前山田健一との三者共作が行われる。

これはゆず結成以来初となる試み。

「連載当初から知っていて、今回のオファーを受けて改めて読みなおして制作した」というゆず・北川をはじめ、3人がそれぞれ『HUNTER×HUNTER』の世界観にぴったりとあった歌詞・メロディを持ち寄り、これまでのゆずにはない”組曲形式”の楽曲が完成した。

『HUNTER×HUNTER』は冨樫義博原作の人気漫画で、1998年より週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されている。

秘宝や珍獣などを狙うハンターを目指す主人公ゴン=フリークスやその仲間のキルア、クラピカ、レオリオたちが「ハンター」としてさまざまな出来事に遭遇していく冒険ストーリー。

今回の劇場版は、冨樫義博が約10年前に描き上げたまま未公開となっていた幻のネームから構成したオリジナルストーリー。

クラピカの”緋の眼”が何者かによって奪われることから、今まで語られなかった壮大な物語が展開していく。