日産、コンパクトカー「マーチ」の特別仕様車「30th Happiness」を設定

写真拡大

日産自動車はこのほど、コンパクトカー「マーチ」の発売30周年を記念した特別仕様車「30th Happiness」を12月4日に発売すると発表した。

価格は、「12X」グレードベースが123万2,700円、「12X FOUR」グレードベースが140万5,950円。

「マーチ」は1982年に初代モデルを発売し、2012年10月で30周年を迎えるコンパクトカー。

2010年に発売された4代目では、アイドリングストップシステムや副変速機付きエクストロニックCVTを採用することでクラストップレベルの低燃費を実現。

国内では累計で約243万台を販売している。

今回発表された特別仕様車は、マーチ12Xもしくは12X FOURをベース車に、フロントバンパーロアグリルやアウトサイドドアハンドル、インナードアハンドルにメッキ加飾を施したほか、プライバシーガラスを標準装備とすることで上質感を高めたとのこと。

また、専用カラーとなる「ローズベージュ」のシートとドアトリムクロスが採用され、30周年を記念した特別感のあるインテリアになっているという。

なお、同特別仕様車の発売にあわせてマーチの一部仕様の見直しが行われたほか、同社関連会社のオーテックジャパンから「30th Happiness」をベースとしたライフケアビークル(LV)と「アンシャンテ 助手席回転シート」を設定し、同日に発売する。