【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」

写真拡大

●ガンダーラ!

(画像:YouTubeより)
©VAP.INC

「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」は1986年に株式会社バップからファミリーコンピュータ用としてリリースされたRPGです。

本作は三蔵法師や孫悟空等を操作し、天竺を目指すゲームです。時間経過や水・食料の概念といった要素があり、移動する度に水・食料が減少し、ゼロになると体力が減り始めるという当時のファミコンRPGとしてはシビアな内容になっていたと思われます。

また、本作は操作方法が特殊なうえ説明書にコンティニュー等の説明が書いていないため、殆どのプレイヤーが天竺へ辿り着くどころかスタート地点から動きが取れない状態だったと思われます。また適当に敵を攻撃していると、間違えて味方を攻撃したりする等である意味「ドラゴンクエスト?」で有名になった「パーティアタック」の先駆けのような感じになっていました。
●バップ
株式会社バップと言えばゲームメーカーというよりもレコード会社やTV番組制作会社としての方が有名だと思われます。

※個人的にはアニメレビュー記事も執筆した事がある「ちはやふる」が印象に残っています。
●影龍の実況プレイ『スーパーモンキー大冒険』1/3

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「カルノフ」
【懐かしいゲーム特集】「1942」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「覇邪の封印」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ザ・スクリーマー」